Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

My Blog/2012-11-03

Top / My Blog / 2012-11-03

Tag: 紅葉という鮮やかなコントラスト~自然の美 11/3Selectsong byThe man who sold the world/David bowie ....

 紅葉という鮮やかなコントラスト~自然の美

今夜も政治の話から離れて身近な話題を取り上げることにしました。
一段と寒さを増して山々を見渡すと赤・黄・茶・緑と色鮮やかなコントラストで視界を圧倒的なカラーで埋め尽くしてしまう。本当に自然の美というの真似できない素晴らしさがありますね。
私も海や山、等五感が敏感に作用する環境は大好きで心が和みます。大都会も血が滾るパワーを感じてしまいエネルギーを感じる場所だと思います。しかしやはり落ち着くのは静かな環境ですかね。今の時期ならやはり海よりは少し冷えますが山の緑と紅葉の中かな。

auto_YqVFyk.jpg

緑の中にいると、人の心はやすらぎを得ることが出来ます。緑の風とは薫風、からだにやわらかく、心になごやかに吹きわたり、心身をリフレッシュさせてくれる。森林浴は、自然と接触するという点で、注目をあびていますよね。オゾンの作用もさることながら、目と心に沁みる緑とおだやかな木洩れ日は、現代の都市生活で倦み疲れた神経を静かに和らげます。そういう意味で、緑は、安全第一をはかる工場の作業室や病院の手術室などの、壁や床の色に使われています。機械やメスの操作に、生理的・心理的な鎮静が求められるからでしょう。

日本は、緑の資源に恵まれた風土です。都市化・工業化・観光化などによる開発で、緑地が、年々、破壊されていくといっても、グローバルにみれば、日本は、まだ緑豊かな国で、自然の慈雨に恵まれ、草木はすくすくと育つ。少し手を加えることで、たとえば、京都の北山杉のような、みごとな緑の造形を生み出すことができる。その味わいは、幽邃といえるほど、優美で微妙な趣があります。自然の変化の多様さは、自然に対する日本人の美意識や感受性を、鋭く、繊細なものにした。

画像の説明
移ろいやすい自然の色にも敏感であった。緑色の中でも、色濃くなる前の、萌え出したころの、どこかたよりないような、若葉色がこよなく愛される。それは今の日本人の気質そのもののような色。移ろいやすいとかどこかたよりないのが日本民族の根底にあるような気がする。少し濃いめの緑はまた妙に落ち着きのある色で和風、洋風問わず眼に残る優しさと存在感のある色合いと言えます。

画像の説明

さて本日は”紅葉”という話題なので、彩りのある人をセレクトしてみました。1970年代初頭グラムロックという彩りのあるコスチュームやメイクでそう令名された世代の先頭を走っていた騎手、David Bowieの1974年発表の詩をお届けしましょう。中近東風のイントロ~アレンジに乗せて人間の本質について問いかけた素敵な詩です。
”世界を売った男”という詩をそれではどうぞ。

The man who sold the world

written by David Bowie

We passed upon the stair, we spoke of was and when
Although I wasn't there, he said I was his friend
Which came as some surprise I spoke into his eyes
I thought you died alone, a long long time ago

Oh no, not me
I never lost control
You're face to face
With the man who sold the world

I laughed and shook his hand, and made my way back home
I searched for form and land, for years and years I roamed
I gazed a gazely stare at all the millions here
We must have died alone, a long long time ago

Who knows? not me
We never lost control
You're face to face
With the man who sold the world

Who knows? not me
We never lost control
You're face to face
With the man who sold the world

The man who sold the world

訳 詩 yasushi haruno

僕等は階段ですれ違った時に昔ばなしをちょっとしたんだ
僕はそこに居なかったのに彼は“僕のことを友達だ”と言った
ちょっと戸惑いを隠せないまま彼の眼差しに入り込むように語った
君は遥か遠い昔にひとりぼっちのまま息絶えたと思っていた

ああ、何てこった そんなの僕じゃないよ
僕は自己を失ったりしない
君はさしで向き合っている
世界を売った男と

僕は笑いながら彼と握手をして家路についた
土地と収まるかたちを探し求め 何年もの間彷徨い歩いた
数百万ものこの世の民を存分に見つめる時間もあったさ
僕たちは遥か遠い昔に孤独のまま息絶えたはずだった

誰が知ってると言うんだ それが僕ではないってこと
我々人類は自己を失う事などない
君が今、さしで向かいあっているのは
世界を売った男かもしれないよ

youtube オリジナル音源↓

http://www.youtube.com/watch?v=HSH--SJKVQQ



コメント

  • yasushiさんの感性が余すと来なく感じられる範疇のコメントblogです!素晴らしいです。それにしてもほんとに紅葉は綺麗ですね。儚く消えてゆくものの美しさなり。
    ボウイさんの詩もGOODです。 -- yu 2012-11-03 (土) 02:58:08
  • ほんとね~政治の話は好きだがこうも現在の日本の政治のていたらくぶりを見てたら何も語りたくなくなるわな~石原のぼけをどうにかしてくれたい。この男こそ大きな癌になる。大売国奴よ。 -- ムシャノコウジ 2012-11-03 (土) 03:14:15
  • いやいや、綺麗な紅葉!綺麗な文面!ファンタスティック!!
    ほんと、政治の話題もこんなに混沌とした世界では何だか水の中の会話のようですからいやになりますよね。綺麗な紅葉を見に行きたくなりました。 -- トロイメロイ 2012-11-03 (土) 09:46:08
  • 紅葉もいいがやはり私は政治を語らせて頂く。
    この政局、最終的には橋下新党(日本維新の会)と石原新党とみんなの党は連携して、自民から離れた議員と落選議員を統合結集させ、自民党を半減。みんなの党と連携する橋下新党は、民主党を半減を狙うのは間違いない。ところが石原氏は,なにしろ文学的幻想が根底にある売国奴ではある。息子と同様に、失言、いや本音を口から滑らせる失言王でもある。暫くすると期待はすぼまるので、石原-橋下連合は指導権をめぐり分裂することが避けられない。そのため橋下新党と組むみんなの党以外の政党が結束し、「一寸先はヤミ」となる。 -- マカダミアンシュリンプ 2012-11-03 (土) 21:04:08
  • 紅葉前線南下中ですね。東北地方や中部地方ではかなり綺麗な紅葉が見られたようでうね。やはり生き物と自然は共存して美しい自然の造形美を与えてもらっているのだから
    自然の尊さを守る義務があると思う。

    緑の森の中のヒンヤリとした冷気と独特の匂いがマイナスイオンの泉のよう。 -- kouji 2012-11-03 (土) 21:11:17
  • David Bowieの名作の一つ。この詩の入った同名のアルバムはボウイにしてはブルース基盤の少し地味な印象のアルバムだがこの詩のように癖になる要素が多い楽曲が並ぶ。今、聞いても少しも古くささを感じないのは時代に敏感で常に先端を走り続けているこの人の凄さだろう。 -- main mann 2012-11-04 (日) 01:22:40
  • もみじ狩りいいですね~いきましょう~~ -- ももこ 2012-11-04 (日) 01:27:51
  • 初夏の候の緑鮮やかなのもいいが秋の紅葉は一段と風情がある。日本は四季があるから
    季節ごとの色、絵を体感できる。確かに日本人の気質は強引さが無く頼りない。意思表示があいまいだ。黒か白ではなく、明らかにグレーという部類の中間色でどこかぼやけて捉えられる。それが日本人。 -- 縄文原人 2012-11-04 (日) 01:47:13
  • 紅葉狩り体験してきた。とても綺麗な山々を今汚しているのは石原だ。石原のじいさんはこの後に及んでまだ何をやらかそうと言うんだ。いいかげんにしろ。都知事を辞めれば、石原もただの80歳の老人。
    高級車で都知事専用の運転手の送迎もないし、週に2日ほど登庁して1時間弱印鑑を押すのが仕事だった。時折、目立つパフォーマンス(オリンピック、尖閣など)をして、いかにも仕事をしているようにバカマスコミを通して見せかけることもできない。
    石原の正体が分かれば、この老人は何の権力もない、ただの文士かぶれの屁理屈老人となる。 -- 天然アロイ 2012-11-04 (日) 01:57:19
  • とても情緒的で文学的な素敵なコメントです。yasushiさん自身に人間としての彩りのあることがよくわかります。 -- れいん 2012-11-04 (日) 15:58:38
  • デビッド・ボウイのこの頃のアルバムは全て充実していて好きだね。全てにおいて独創性に満ちていた。言葉に頼るわけでもなく、自ら奏でる音に酔いしれるわけでもなく慎ましくわが道を行っていて売れるのだから素晴らしい。

    野田内閣なんて支持率とうとう17%だぜ。すでに崩壊しているから気にも留めていなかったが。 -- ホットチョコレート 2012-11-04 (日) 17:43:07
  • 花より団子、私は食欲の秋を満喫しております。食べなきゃ身が持たない。美味しいものたくさんありますよね~秋は!着重ねてオシャレ一番したくなる季節。
    街には女性の彩りが溢れる季節です。

    でも紅葉もすぐになくなる尊さからすると貴重ですね。人の作り出すものでは考えられない世界感あり!yasushiさんの文面は流石のさすがです。
    -- れい 2012-11-04 (日) 18:30:05
  • 綺麗な紅葉を体感したいね~ビルの山々に囲まれて生活していると自然の匂いにあこがれてしまう。写真や絵はがきを見ただけでも香りたってくる。

    頼りなくどうしようもない日本の政治家に何を託しして何を期待するのか?期待などしなくてもとんでもないところにだけは国民を連れて行って欲しくないね。

    -- 応仁のLAN 2012-11-04 (日) 21:09:05
  • こんばんは~おそなりましてん。プチ旅行行ってましたさかい。旅はええもんでんな。心が和らぐゆうか、大きな気持ちになりまんねん。そやさかいふだん買わんようなもん買うてみたり、ええもん食うてみたりしますのや。予想外に金使うてしまうもんで今ははあはあ言うてまんのや。

    紅葉もええな!もう少し後やな。空気がええとこがやはり人間の澄む適地でっせ!

    ボウイさんか、ええやない。世界を売った男やて、どないしたら売れますのや!
    ま、言いたい事はわかりますがちと難解な詩やなあ。

    ま、サウンドから摩訶不思議な感じだしよるから詩も明確にわからん方がええんやろね。 -- こうたろう 2012-11-08 (木) 21:15:58

認証コード(4682)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional