Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

工場・集合住宅・店舗のお勧めメニュー

現在編集途中ですが閲覧できます。

Please tuch here ,Now under constracting

工場・集合住宅・店舗のお勧めメニュー

 工 場

中・小規模工場仕上げ部材のメンテナンスのお勧め!

大工場の様に多くの設備、プラント類が林立する環境の場合は営繕管理する大手建設会社(ゼネコン)が常駐もしくは隣接して営んでいることが多い。中・小規模なものでは新築後10~20年は保証(瑕疵担保責任)の関係で建設時の建設会社が管理している場合が殆んどである。

保証以降は構造体力主要部=構造躯体に関わる部分を除けばより専門的ノウハウを持つ各専門業者がそのメンテナンスを受け次ぐ形が多いし施主様、施工側にとっても理想の形だと思います。

この項では中・小規模工場の塗装・防水・内装仕上げ等の表面仕上げのメンテナンスについてのお話をさせて頂きます。

画像の説明

下の図に主要な表面仕上げ部分を部位図で示しました。

画像の説明

1.鋼製屋根のメンテナンス

     
建物の中で紫外線・等の自然界の影響、大気汚染・環境因子等の影響を一番受けやすい部位で普段見えにくい事から気にかける事が少ないですけど
1番メンテナンスを行うべき所の一つです。
塗替える事で通常の機能回復の他、遮熱、防水という機能も付加され機能性も耐久性もアップします。

以下の写真は弊社がエバールーフ#200という天然アスファルト系の塗料を塗装した実例です。

auto_IW75K2.jpg auto_8BONag.jpg
''
天然アスファルト系塗料を塗装した場合のメリット

1.断熱効果がある・・・夏気のエアコン等の電気代の節約に結びつく。
アルミフレークを配合により太陽光線を65%以上反射し室内温度の上昇を制御する。

2.長期防錆力がある・・・錆面への特殊浸透材により錆止塗料なしでも防錆力がある。

3.防水性に優れている・・アスファルト系防水材として用いられている天然アスファルトの配合により防水性にも優れた性能を示す。

4.夏、冬の温度差による塗膜剥離が起こらない。
・・・塗膜は柔軟性、弾力性を有し温度差に耐える。

5.厚膜塗装が1回塗りで可能・・・専用塗装機による塗装で1回で厚膜塗装出来、各種下地との密着性は良好→塗装工程が少ないのでコストダウンに繋がる。

6.トータルメンテナンス費用を大幅に削減出来る。
小工程のうえ従来のトタンペイントの塗替え周期より3~4倍延長できる。

auto_fxv1HP.jpg

2.スレート屋根のメンテナンス

推奨工法:アクリルゴム系か天然アスファルト系による改修工法

プラスされる付加価値機能:防水・断熱(遮熱)・防錆・遮音性              アスベスト対策

倉庫や工場屋根に使用されておりますスレート屋根は10年前後で機能低下が始まり漏水、割れ等の症状が出始め20年前後で機能限界となり漏水、割れなど全面から起きる確立が高くなります。しかも現在改修検討の多くは有害物質のアスベスト繊維を含んでいる為に古くなると露出し風雨により流出、飛散して環境汚染に繋がります。経済的に見ても機能低下の始まる10年程度での改修をお考えになることをお勧め致します。

スレート波板の改修工法について御存知の通り工場・倉庫に多く使用されております波形スレートには有害物質のアスベストを含んでおります。弊社の調べでは2002年製造の波形スレートまでアスベスト(石綿繊維)を含んだ製品が製造されていました。

現在産業廃棄物処理法で石綿廃棄物は厳重な管理が必要となる特別管理産業廃棄物に指定され環境問題が表面化する中で改修工法としてノンアスベストの新しいスレートの重ね張りや鋼製屋根のカバールーフ工法等御座いますが、価格の問題や荷重が重く工場倉庫の形状では耐震性に問題があり広く採用されておりません。

通常のスレート屋根の塗料では防水性・封じ込め性に欠きます。そこで今回御提案致します特殊塗料による固着・封じ込め改修工法が大きくクローズアップされてきました。又、塗装出来ない環境、激しい傷みのスレート改修にはJFEの特殊なカバー工法もご用意してありますのでどのような物件にも対応出来ます。

asubesuto.jpg施工前画像の説明               
  
auto_Hyczdh.jpg

画像の説明
画像の説明

画像の説明

画像の説明

劣化し始めているスレートは
①吸水率高いので~漏水が起こる。
②脆いので~割れが起こる。
③表面風化しているので~表面から有害物質アスベストの流出、飛 散がある。⇒環境汚染に繋がる
④旧スレート協会の資料〔別紙〕からも10年前後でメンテナンスがベストであるとい裏付け
⑤改修工法比較表(別紙)によりベストな改修工法を提案している。

3.FRP受水槽・貯水槽外面・内面コーティングのお勧め

外面:紫外線カットする機能を持つ塗料を表面に塗る事で内面の藻の発生を制御していつでもクリーンな水が供給出来ます。
内面:内面の樹脂の劣化を抑え、保護し有害物質の溶出を無くします。

画像の説明

  
受水槽・貯水槽 内・外面コーティング

御存知のように、厚労省の維持管理基準により内面は1年に1度以上の清掃が義務付けられています。この際に中に藻やカビが発生していたとか、小さな割れ等FRPが劣化しはじめているとかの事例が起きるのが10年前後の物件です。
飲料水として供給するのですから汚染防止して臭いや汚れのないクリーンな水をお届けする為に外面には紫外線カットして藻の発生を制御し外面FRPを保護する材料を。内面にはFRPを保護し有害物質の流出を防ぐコーティング材を塗布する事を御提案致します。

外面洗浄~紫外線カットする神東塗料製品名”サンカット”

auto_HlKQmp.jpg auto_xnQyNm.jpg

画像の説明

内面コーティングの様子↓製品名神東塗料”チョスイコート”

auto_MdAIMJ.jpg auto_aDqz4E.jpgauto_GPNXGQ.jpg

auto_7pBB0C.jpg auto_dOaCEm.jpg

auto_wMua84.jpg

4.工場用太陽光線高反射(遮熱)塗料で環境貢献企業へ~

画像の説明

エコ環境工場への転換

1.環境貢献企業となれ

環境負荷への突出したマイナスイメージが強い工場においては、今日、環境への貢献がこれまで以上に積極的に求められています。

工場から排出される、おびただしい数値の熱量→その排熱はヒートアイランド現象を引き起こし、やがては環境破壊の要因のひとつに数えられる事は間違いありません。
それを抑える一つの手段として遮熱塗料によるリメイクが挙げられます。

2.空調コストはまだ下げられる

工場からの排熱量を減らせば、地球環境対策に貢献できるだけでなく、空調コストの削減も実現可能になります。

上記のことが塗装するだけという簡単作業で可能に!

''工場建物や敷地内のアスファルトに塗装する→ヒートアイランド対策空調設備によるCO2排出量を減らす→空調による消費電力量の削減可能に。→電力コストもカット

詳しくは下記の専用サイトをご覧下さい。
auto_S9FlRp.gif

排熱を極力抑える遮熱塗料「サーモアイシリーズ」メーカー実績・実験記録は下記

サーモ実施

5.太陽光で発電するソーラー防水シート

こちらは、特殊塗装・防水工事の未来系のページでくわしくコメントさせていただきましたが、中小工場の設備にも十分ご検討いただける製品なのでここでも紹介させていただきます。auto_qQ8Hj9.jpg 画

原子力発電所問題で第三のエネルギーとして注目度が高い太陽光発電ですが、以外に重量があるため今まで柱や梁の少ない建物には使用できませんでした。工場・倉庫類もそれに含まれます。

この製品は防水シートそのものに発電する太陽電池を組み込んであるので屋根や躯体への重量制限なく施工出来且つ屋根面も突起物のないすっきりとした景観を保てます。
しかも信頼性の高い防水性能を兼ね備えています。

次に年間発電量が結晶系太陽電池より多い事。

市販に多く出まわっている結晶系太陽電池は温度が上昇すると発電量が低下します。=電力消費量の多い夏場に発電量が落ちる。
これは工場にとっては痛手です。
DNソーラーシートは温度影響を受けにくいアモルファスシリコン太陽電池を採用しているので結晶系より10%も多い発電量が可能です。=安心できる発電量。

詳しくは、特殊塗装・防水工事の未来系のページをご覧下さい。

集合住宅

イメージづくり

今や供給過多気味の賃貸物件において、満室稼動物件を目指す為には、様々なアイデアを搾り出す必要があります。例えば、入居希望者が最初に目にするのは、当然建物の外観になる訳ですが、物件の第一印象になりうる外観が汚かったり、壊れていたりしたら、たちまち入居希望者は離れて行ってしまいます。

auto_Tim25J.jpg

Point

ただ壊れているところを直すだけでなく、立地条件やターゲットを考慮し、ニーズに合わせた物件にする事が需要を大きく増やすポイントになってきます。弊社では、オーナー様の安定収入を確保する為、「入居率アップを図るリフォーム」をご提案させて頂いておりす。

外装改修

point
ただ改修するだけでなく、居住者の立場になり住みやすくすごしやすく暮らしやすい住環境を提供できるようにアドバイスを行い傷の手当と癒しの空間を創造するお手伝いを致します。
外観をリニューアル致します。

エントランスの改修

Point
建物の第一印象は建物外観とやはりエントランスです。
居住者の方がホットするような空間作りを考えましょう。

共用階段、廊下等の改修

point
共有部分は歩行感、安全衛生面、プライバシー保護面等考慮し
足元からグレードアップを実践!

First Impressionの重要性

                               弊社メンテ施工例

s_apa-to.png

何にでも言えることですが、第一印象というのはとても大事なものです。そのために入居希望者にいつ見られても良い印象が与えられるように賃貸建物としての身だしなみはきちんとしておくべきです。その実践として傷めた傷は早めに治療(修復)しておきましょう。

目安=メンテ目標
外壁=サイディングなら10年周期くらいで目地シーリング材のチェック
新築後初めてなら塗装面のチェックも行いましょう。

屋根=多く使用されているカラーベーストコロニアルの場合やはり10年目位にチェックしてみましょう。
鋼製屋根の場合表面の状態錆の有無を確認しましょう。

建具・建具廻り=ドア、サッシ等の開閉状態や周辺の目地シール材の劣化状態を確認しましょう。

共有部分エントランス・廊下=安全衛生上危険な箇所はないか常にチェックしておきましょう。

店舗

3段階のImpressions(印象)の為のソナタ~企業イメージにあった魅せられる店舗創りのすすめ

画像の説明

私は店舗経営のプロではありませんし固定観念の宿る専門書籍など嫌いですから店舗関係の本も見たこともありません。ここで述べていることは私が感じる主観からくるモノが大部分であることを先にお断りしておきます。
企業イメージにあった更なる魅せられる店舗創りをメインテーマに提示部・展開部・終結部のソナタ形式でお届け致します。

安定した固定客と新規顧客獲得の為にイメージにあった魅せられる店舗創りを~主題の提示

取り扱い商品美しく見せる(魅せる)、'美味しく見せる(魅せる)、'素敵に見せる(魅せる)
すべてにおいて装うのではなく触れた人に感じとってもらうnanikaがあることが重要です。
そんなお手伝いを弊社にお任せ下さい。
弊社の店舗関係のページ本日開店です。(3/30 )

画像の説明

3段階のImpressions(印象)の為のソナタ~主題の展開部

ここではお客様が店舗に対して感じるイメージを3段階に分けて考えてみます。それによって必要性のあるマテリアルが浮かんでくるはずです。

1. 1st Impression(第一印象)

お店に対してお客様が最初に受ける印象(接客等の対人は除く)です。最初に訪問したときの印象はやはり人の中に存在意識の中心として残るので重要です。

求められモノ:清潔感・存在感(何を扱いどんな陳列をして何が売りなのか)

保たれるべきモノ:外装、内装の美装、清掃

画像の説明

2. 2nd Impression(第二印象)

店舗においては最も重要なのが第二印象です。最初の訪問時に受ける第一印象でまた来店下さったお客様の印象というものが心の中で確認され定着するのがこの時期です。

求められるモノと保たれるべきモノは当然継続して必要です。
この段階では少し掘り下げてみます。

求められるモノ:色、形、による表現力による商品イメージアップ
取り扱い商品により体感出来るスペースの清潔感、環境安全性

画像の説明

3. 3rd Impression(第三印象)

リピーターになって頂いたお客様が抱く印象です。この店ならいいな、また来てみようとリピーターになったお客様です。良い印象が継続すれば長期にわたる常連客になって頂けますし、ここから新たな顧客獲得も期待出来ます。

第一印象、第二印象で必要なモノの更なる具現化が必要です。

:企業のイメージカラーは保ちながら定期的な色、形による店舗内外のイメージの変更による商品イメージ及び価値のUP
内装をすべて天然成分100%の材料で塗装して環境衛生面を推進して安全な売り場であることをアピールして売り上げUP

画像の説明

まとめ~主題の終結部

店舗にとって私達がお手伝い出来るモノは沢山あります。それにより企業イメージが上がったり、売り上げが上がったりすれば私達にとっても喜こばしい事です。
色々な建築材料を使い企業イメージに合った質感、色、形、必要とされる性能をご提案出来ればと思っております。私達はwin-win-winの精神ですので末端のお客様(店舗に来られる)-企業主(お客様)-弊社の全てが笑顔になる事が良い仕事だと思っております。

このページは不定期に更新する予定ですのでまた皆さんの為になるアイディアが浮かびましたらペンをとります。

取り扱い商品を美しく見せる(魅せる)、美味しく見せる(魅せる)、素敵に見せる(魅せる)すべてにおいて装うのではなく触れた人に感じとってもらうnanikaがあることが重要です。そんなお手伝いを弊社にお任せ下さい。

モルタル造形&エージング塗装の可能性

適用:店舗・住宅の建築物・建造物及びそれらに繫がる空間等
実例:エントランス・内外壁・アプローチ・ガーデン・看板等

自分がイメージした形や写真、や映画のワンシーンのイメージをお見せの看板や正面の壁面に立体的にあるいはモニュメントして玄関アプローチに設置したい。そんなご要望にお答え致します!

auto_UCsUXN.png auto_qH6kRo.jpg auto_J8hNOk.jpg

モルタル造形とは

モルタルを用い彫刻(カービング)加工を施して擬石や擬木といった存在感のあるテクスチャーのレリーフを形成するものです。
例えば映画のワンシーンの”あの石積みの壁”や外国雑誌の1コマに写っている”あの味のある内壁”や自分ではイメージ出来るんだけど実際こんなものは存在しないというモノまで作成可能なのです。
有名なところではディズニーシーやUSJで見ることが出来ます。
擬似ですが存在するマテリアルとしては堂々とした本物です。
FRPよりも安価で出来自然回帰の材料ですので環境面でも貢献できます。不燃材料なので消防法等に触れることもありません。

auto_X8rx2R.jpg創作造形auto_QnmjkR.jpg古い打ちっ放し auto_Q0fo8v.jpg 疑木と石積

エージング塗装の希有の表現力

sign.png

エージング塗装とは特殊な建築用の塗料を用い素材にアンティークな表情の演出をはじめ、風化した質感、大理石風、木目風、ひび割れ調、発錆テクスチャー、などを出し、塗装の凹凸や濃淡で新しい表情を持たせる、アートともいえるペインティングの妙技です。

モルタル造形&エージング塗装の詳しい内容はこちら→”特殊塗装・防水工事の未来系に掲載しております。こちらをご覧下さい。

3M

フィルムの魔術師~3Mマジック

auto_VcK6vZ.jpg
建築用フイルムに特化して住友3Mの素晴しいテクノロジーの製品をご紹介しましょう。

ご紹介する全てのサンプルは弊社の方にありますのでお気軽にご請求下さい。もちろん取付工事も承ります。

ウインドウフィルム ~遮熱だけではないこれだけある”あったら嬉しい付加機能”

窓ガラスに貼りつけるだけでいろいろな付加機能が備わります。

日射調整シリーズ

auto_CFtfqe.jpg

性能・特長
特徴としては日射の遮蔽窓ガラスから入る日射を最大75%カットします。特に室内の中央付近のように8~12℃も温度が高くなる窓際ゾーンに有効です。夏期の冷房負荷を低減し、省エネルギー効果を発揮します。建築物窓ガラス、ガラス外壁等の用途使用。

付加している機能

採光量のコントロール(全製品)
紫外線の遮蔽(カット)(全製品)
断熱 省エネルギー効果(1部製品)
目隠し効果(1部製品)
ガラスの飛散防止飛散防止フィルムと同一の性能(全製品)
防虫効果(1部製品)

詳しくはこちらを→auto_ctKzXx.gif

こちらは3Mガラスフイルムトップページ↓
auto_uv2jf8.gif

飛散防止フイルム

auto_HvrkU4.jpg

性能・特徴
地震や台風といった自然災害や不意な事故によって窓ガラスが割れた場合も飛散しない安全性を求めて開発されました。

付加している機能

窓ガラス飛散防止
目隠し効果
紫外線カット

詳しくはこちらを→auto_3gJvoh.jpg

大型ガラス外壁などには更に強力な耐衝撃による飛散防止機能のあるスーパーレイヤーをお勧めします。
こちら↓

auto_Oe8F6H.jpg

その他の特異な機能のフイルム

壊されにくい窓ガラスにする付加をつけ防犯性に特化した
防犯フイルムシリーズauto_g1crhv.jpg

夜部屋の明かりに寄ってくる虫という難敵を防ぐ機能をもつ
防虫フイルムシリーズauto_dyro9A.jpg

オフィス・店舗・ホテルの内装用機能フイルム

こちらはオフィス・店舗・ホテルの内装用に求められる機能があるフィルムです。もちろん戸建・アパ・マンにも応用可能です。

吸音フイルムシリーズ~3Mダイノック吸音フイルム

意匠性を衣に高い吸音性を有する吸音フイルムで、不燃材料にも認定されています。人の耳が最も敏感に反応する3,000Hz~5,000Hzの周波数帯域の音を効果的に減衰します。

詳しくはこちらを→auto_OKwvAC.jpg

消臭フイルムシリーズ~3Mダイノック消臭フイルム

嫌な臭いの成分を吸収~分解する機能のあるフイルムです。
飲食店・オフィス・ホテル・病院施設・エレベーター・戸建(特にペットの居るご家庭)に有効です。

詳しくはこちらを→auto_f9yueO.jpg

その他の優位性の高い機能をもつフイルム

傷に強いガード機能を持つ3MダイノックAR
工場・エレベーター内などに有効

こちらをご覧下さい→auto_FJqpw6.jpg

ホワイトボードフイルム

貼るだけで簡単にホワイトボードとして使用が出来る。マグネット版もあります。学校や病院、オフィス、工場のちょっとしたスペースでの利用にお役立て下さい。

こちらをご覧下さい→auto_1Ah8VW.jpg

3Mダイノックスフィルムネオ~水廻り専用リフォームパネル・フィルム

画像の説明

浴室・洗面所等水廻り 壁・天井・床専用パネル・フィルム

施工して即日使用可能

特徴
1.水廻りの既存の壁面・天井・床面に貼るタイプのリフォーム専用パネル・フィルムです。
2.ひび割れタイルや汚れがひどい壁面の改修に適しています。
3.既存下地を壊さないので、短工期・省廃材です。
4.柄物は、滑らかな表面により汚れがつきにくくなっています。
5.抗菌効果があるのでカビが付きにくく衛生的です。
6.騒音・振動がないので営業中でも施工可能です。

フィルムタイプ
画像の説明画像の説明 

パネルタイプ
画像の説明画像の説明

メーカーWebサイト水廻り↓
画像の説明

工場・店舗・施設における結露対策

~結露という熱の悪戯が引き起こす病(工場・店舗・大型施設編)~

冷風噴出し口・冷凍倉庫・冷凍車・コンテナ等体育館等大型屋根の折板裏・鉄骨柱どうしてカビが生えてるのか?何故錆の進行が早いのか?シミの原因は何?等もしかしたら熱が引き起こす病「結露」が原因かもしれません!

先日戸建住宅を中心とした結露対策のページ“結露という熱の悪戯が引き起こす病”をUPしましたら結構な反響が御座いましたのでこの部分も皆様が気になる厄介なところなのだなと思いました。本日は工場・店舗に特化して記述しました。いっしょにこの問題を考えてみましょう。

まず簡単におさらい

結露とは

結露の種類

表面結露・・・内壁や窓ガラスに水滴として現れわかりやすい。
内部結露・・・押入れ等空気の滞留するところに発生するもので、
折板屋根裏に水滴が付いている、錆の発生が早い?・板がジメジメ湿っていたりカビが発生している。 ・夏場に地面に打ったコンクリートが何故か濡れている。
  
上記のように表面に水滴として出て解りやすいものから「何か湿っぽい」「どうしてカビが生えるの?」「知らない間にシミができてる?」「錆の発生が早く、異常だ?」と思われる箇所は内部結露が原因かもしれません。

結露のメカニズム
簡単に申しますと、暖かく湿った空気が冷たいモノに触れると発生します。
熱は暖かい方から冷たい方へ移動します。部屋の中の暖かい空気は外気に面した冷たい壁やガラス窓に移動します。その際に熱が取り残された形で壁や窓ガラスに「結露」という水分形としての“熱の悪戯が引き起こす病”の発生が起こります。
そのまま放置して繰り返されるとカビの発生や水分による素材の腐食、発錆という病を併発して身体(建物)の構造体に及ぶ治療が必要となるケースも起こりえます。

大きな器で起こりうる熱の悪戯による病(結露)の症状

1.天井裏の結露

auto_CL8BN5.jpg auto_MdTXgU.jpg
工場や店舗等の天井裏はたくさんの電気や空調の配管が通っています。あらかじめ結露が予想された場合でコストが許された場合は新設時に、断熱材の工夫や保温配管とするなど対策がなされていると思います。
そこまではなくとも簡単な換気口くらい設けられているのが普通です。
この内結露は梅雨時期に多く発生します。配管にも、ダクトにも、結露が・・・・・・。

しかし所詮人間が想定した範囲です。予想だにもしない自然が引き起こす2次的病は想定を超えてやってきます。

そうした場合以下の対策をこうじる事となります。
1.空調設備を見直す。
2.保温配管の巻き替え
3.断熱材のレベルUP
4.換気口の増設 等

2.構造体結露(躯体自体に発生した結露)

冷蔵・冷凍設備や倉庫などで夏場に起きるものです。
下記は2F冷凍庫と1Fの天井裏に発生したものです。
構造体が鉄骨や鉄筋コンクリートの場合は鉄からの錆の発生が著しく他の部分より早期に見られ、メンテナンスも通常より早めのサイクルで行う必要があります。

s_s_s_clip_image002.jpg

3.天井ボードの結露

外観で判断するとパット見は雨漏り??と思ってしまうような、シミが出来ていることで気がつきます。よく考えるとここは1Fで屋根に接してないのにどうして??といういことになり初めて結露によるシミだと判明することも多くありません。

auto_0Ynvwj.jpg

原因
多くは前出の天井裏の配管結露によるものです。

放置すると起こる併発病
 水分→シミ→ カビ素材の腐食発錆となります。

また、天井裏の配管結露により、天井ボードが常に濡れた状態に。カビの原因となる胞子は空気中に無数に存在するため、生育条件さえ揃ってしまえばカビは発生してしまう。カビの餌は、酸素、水、栄養(塵や埃)なので、濡れた状態が続く箇所はカビの温床となる。

3.電気BOX内の結露

工場内の施設などでよく電気BOX内にのみ結露が発生したというケースがある。2つの原因が考えられます

1.部屋が陰圧になっていてBOX内に天井内の暖かい空気が入り込み起こる。
2.電気BOXの電線貫通部のシールがしっかりなされておらず、冷えた電気BOX内に暖かい空気が入り込み結露が生じる。

auto_Qkaxvz.jpg

放置すると漏電により施設の停電等を引き起こし生産や操業に支障をきたす。

4.外壁、パネル間の結露

外壁の表面温度が低くなり、風の循環が少なければ、結露は発生する。
冷気が篭りやすい下部により多くの水滴がついているのがわかる。

auto_K1NMCC.jpg

5.冷凍庫天井部の結露

冷凍庫において、ドアの開閉を頻繁に行ったり、加熱室のすぐ横に設置されたものは、上の写真のような現象が見られる。これは最も厄介な事例で、結露水が凍ってしまうため中途半端な策は効かない。

画像の説明

6.空調設備が不良でおこる結露

目詰まりし、そのまま放置してしまい風量が減少。これにより吹き出される空気が過冷却ぎみになって、ここに暖かい空気が触れてしまうと、確実に結露が発生します。これらは元となる設備の機能回復、性能UPにより直ぐに改善できます。

7.保温材破損部の結露

保温材(グラスウール)が破れており、そこから結露発生。グラスウール自体は断熱性能が高いが、局部より結露が発生しグラスウールが濡れてしまうと、一気に断熱材としての機能を果たさなくなってしまう。
画像の説明

8.パネル天井面の結露対策

工場設備で低温度帯の環境の部屋に多く起こる。
原因とし手は、加熱室の給気ファンのフィルタが詰り、工場全体が陰圧になり起こる。

auto_Fe9lsC.jpg

9.簡単なまとめ

天井裏などは風を循環させるだけでも結露を解消することは可能です。結露対策を行うべき対象が、物なのか、空気なのか、環境なのかを事前に調査し、対策を施すことが重要です。

10.塗材・調湿材という治療薬で出来うること

結露防止塗材・・・菊水化学工業㈱の“ケツロナイン”
内壁、天井裏等に塗装し余分に発生した湿気を吸いとり湿気を放つという調湿機能を充分に発揮し、しかも防カビ性に優れ、その効果を持続させる塗材です。
多孔性が特徴となっている珪藻土を原材料とした結露防止塗材は、無数にあるミクロン単位の細かい空洞一つひとつが水を貯めるタンクの役割をはたし、抜群の吸湿性を発揮します。1mmの厚さで1m2に塗られた結露防止塗材は600gの結露水を吸収します。これは平均的な住宅に結露防止塗材が使用された場合、一室(6畳)で約11kg(理論値)の結露水を吸収することができます。
こちらがメーカー”ケツロナイン”のカタログ ↓画像クリック!

auto_1F9lXL.jpg

電気BOX内部調湿材

電気BOX内部に発生する結露に有効です。中に貼りつけたり、吊るすだけです。
「ベルサニー®ドライ」に使用されている繊維素材は帝人ファイバーのシート状乾燥・調湿材「ベルサニー®」。シリカゲルの約2倍という吸湿量と、5倍以上の吸湿速度を実現。急激な温度・湿度変化が起こる環境下で高性能を発揮します。

画像の説明

結露防止剤(断熱層による)・・・株式会社日進産業の「ノン結露」

こちらがメーカーの”ノン結露”カタログです。↓

auto_zZpCQ5.jpg

ノン結露は断熱をすることで熱エネルギーの損失を抑え、その熱エネルギーを利用し、構造体表面に到達した水分を効果的に吸放出コントロールすることで、結露の発生を抑えます。セラミック断熱層が屋外に放出される熱を最小限にし発熱・発散層が吸収・発散を繰り返すことにより結露の発生うぃ防ぐシステムの塗膜。病院や食品工場、学校・レストランなどに防カビ抗菌対応タイプのものも用意されています。

画像の説明

11.常に結露している水管等のメンテナンス対策

濡れてるなら濡れていても塗れる塗料の選択があります。

中に水が通る配管は特に気温が上がる夏場は常にビショビショに汗をかいた表面結露状態です。
冬場でも環境によっては湿度も絡んできて1日を通じてやはり濡れている時間の方が長いというものも御座います。
これらの環境での防錆技術は弊社が得意とする分野のひとつです。

工場に通る工業用水や水道施設などの配管、水槽類ガズ変圧配管。がこの類となります。トンネル内の鉄構造物も結露が酷いですから同環境といえるでしょう。表面がWetなのですから通常の防錆処理では全くダメです。
答えは簡単です。湿潤用あるいは水中硬化塗料を使った防錆処理をすればいいのです。

対象物:上記環境の鉄構造物・コンクリート構造物となります。
塗料のメカニズム:簡単に申しますとエポキシ系の水中ボンドを塗料(ゲル状)或はパテ状にした2液の塗材です。
メカニズムとしては、対象面の水分を置換しながら錆面に浸透し強力に付着する。

弊社の最新の施工例がございますのでご紹介しましょう。
今月終了したばかりのポンプ所の水管です。
auto_fEs0G8.jpg auto_N3BQVE.jpg

使用した塗料:Damp Coat(ダンプコート)
塗料メーカー:ジャパンカーボライン株 メーカーリスト参照
特徴:材料固形分70%の低VOC塗料で臭いもあまり気にならない。
混合後24時間(20℃)で完全硬化するが水分を置換しながら硬化するのでビショビショに濡れてる対象物でも塗装可能で且つ防錆能力が期待出来る。
画像の説明 
価格:当然ですが通常の防錆塗料仕様より高価です。(施工価格は弊社へお問合せ下さい。)

弊社HP内で以下のページは関連した記事掲載しておりますのでご参照下さい。

生活しやすい環境創造の提案

特殊塗装・防水工事の未来系

住宅塗装の方向性

12.「結露」という熱の悪戯が引き起こす病の特効薬その1~掛け算の世界で引き出しを拡げる

私は建築分野でしか捉えていなかったが人間が生活する上で想像される沢山のシチュエーションにおいて、結露やカビで悩んでいる方が非常に多いことがHPを開設して記事を書いて掲載してよく解った。民家の塗替えよりもこちらの方が問い合わせ頻度が非常に多いからだ。元々弊社のHPはあらゆる人々からのアクセスを想定していた為と記事がマニアックなので個人より企業やコンサル、設計事務所などからの問い合わせが非常に高いウエートを占めている。

画像の説明

そんな中昨年12月に弊社のHPの結露関連の記事を中心に読んで是非お話をしたいとおっしゃる調湿材のメーカーの社長さんから電話を頂き弊社にてお会いして色々お話を伺いました。

その会社の製品説明やお話を聞き、実際サンプルも頂きテストをさせていただきました。広島の製造メーカーさんで製品的にはとても優れた良いものだと思いました。ただ、結露を防止する調湿材が大量に活躍出来る環境が多いハウスメーカーでは自社製品の調湿壁材や床下換気システムの売りがあるので大きく取扱してはもらえないのが実情です。
壁・天井などの仕上げに調湿材料を使用する調湿材により室内の湿気を吸湿して、湿度が上がらないようにする。これも結露・カビに効果のある特効薬のひとつと言えます。

画像の説明 画像の説明 画像の説明
ホームセンターで量産されている安価なものではなくプロレベルの調湿をご要望の方は沢山いらっしゃると思います。一人でも多く人が結露・カビの悩みから解消されればという思いと微力ながら優れた製品を生産するメーカーさんの販路が少しでも広がればという思いからここの会社の製品を取り扱う事に致しました。

ビジネスパーソンとしてただ単に販売するのではなく、案件毎のニーズにあった対応が出来て製品の特性を生かせ、生産者、消費者共に喜んで頂けるような橋渡しが出来る、足し算ではなく掛け算の世界で引き出しを拡げて行きたいと思っております。

取り扱う会社名: 株式会社 テクノスナカタ

HP → http://www.technos-nakata.com

主な製品は以下の通りです。

炭・ゼオライト和紙

画像の説明
天然ゼオライト(多孔質鉱石)と国産自然木100%の炭で作られた脱臭・

調湿シート

調湿効果の他、アンモニア臭、放射性物質セシウム、ストロンチュウムの吸着に優れる。

竹炭ゲル

画像の説明 画像の説明
床下の調湿、結露防止、防かび、害虫寄せ付けない、脱臭機能のある製品
通常床下に敷き詰めて半永久的に住宅を守る。
竹炭とシリカゲルが主成分

産業用除湿剤 ファインドライB

画像の説明

結露環境の工場、施設及びコンテナ等の密閉内部の結露・防湿対策に効果がある製品。シート状、マット状、分包(袋)の形態で吊り下げておくだけでも効果がある。吸湿量がシリカゲル、クレイ系の乾燥材より大きくコンパクトな形状で長期間にわたり優れた効果を発揮する。

お問い合わせの案件により弊社の方からベストマッチした製品をご案内致しますので先ずはご連絡下さい。
問い合わせ ↓
http://harunoltd.com/index.php?%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%95%8F%E5%90%88%E3%81%9B

製品の詳細は上記メーカーホームページをご参照下さい。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional