Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

My Blog/2012-02-11

Top / My Blog / 2012-02-11

Tag: ・日本人の色彩感覚

日本人の色彩感覚

今日はまだ寒気が完全に抜け気っていないらしく、相変わらず肌寒い。
私は手足が悴む冬は苦手だ~!HPもかなりページが出来上がってきた。
自分一人でやっているが本来こんな仕事が好きなのだろう。時間を見つけては色々思い浮かぶアイディア、文章をページに編集している。今日は”住宅塗装の方向性”というページを書いた。その中で日本人の色彩感覚について意見したのでここでも披露することにした。

画像の説明
日本人の色彩感覚って独特なのです。唯一沖縄は除いて。沖縄は気候からして原色の世界に近いから。日本本土は四季があるんで、昔しからこの季節による色意識が人の心に根付いています。春のロマン、秋の侘びしさ、夏は、はなやかさを、日本人は日本の自然から素直に学んできたんだと思います。

日本人の色彩感覚は気質にも現れています。コントラストの強い色ではない。つややかさも、なまめかしさもない、微妙な色合いがほのかに漂う色感の世界がイメージとして現れる。気質として自己主張が苦手で個性がない。こういう感性はやはり気候、風土が大きく影響するように思う。

激しい陽光が照りつけ、万物すべてがこってりとし、対比感が強く、繊細さを欠くような風土には、寂色は見られない。ですから日本人の感覚に持ち合わせのないこのような鮮やか色や気質に憧れを抱くのも事実なのでしょう。

添付画像は下松市御屋敷山浄水場のもみじです。いつ撮ったのかな?忘れてしまったがお気に入りの1枚!

yasushi



コメント

  • すごい感性ですね。繊細で表現力、ボキャブラリー豊富!
    塗装屋さんやめても食べて行けそう。
    日本人って自己主張しないし、下手ですからね~色にも反映されてんだ。 -- れい 2012-02-12 (日) 18:14:29

認証コード(2001)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional