Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

My Blog/2014-09-14

Top / My Blog / 2014-09-14

Tag: セプテンバー・ブルーという憂鬱 9/14 Select Song by The Boxer / S&G

セプテンバー・ブルーという憂鬱

いつの間にか扇風機やエアコンのスイッチを押すことが無くなり風も少しひんやりとした秋の風に変わった。もう9月も中旬に差し掛かるんだなあ、と改めて暦の日付を指で追う。

このところ晴天が続き、抜けるようなセプテンバー・ブルーの空が拡がっている。時折、低空には鱗雲、さば雲、いわし雲といった巻積雲という秋の雲が空に表情を表すようになった。日によっては高い位置で、魚シーリーズの雲ではなく、高積雲のひつじ雲がおおきな塊で空の主役と言わんばかりに鎮座している。

何だか今年の日本の夏は全国的に豪雨が起こりどこかで豪雨災害が起きていた。ここ中国地方では、夏らしい夏は7月のはじめ位だったように思う。増税に加え、異常気象による野菜等の値上がりが家計を更に直撃する折、都合の良いように更なる増税のシナリオを着々と進行中の安倍自民。ほんとうにこのまま更なる増税など行ったら日本は完全に壊れてしまう。
世界情勢も起きた事件は何も解決せず、相変わらずアメリカ経済主体で世界を廻そうとしている腹黒い奴らが瀬戸際で蔓延っている。

画像の説明

そんな中、今注目しているのは、9月18日に迫った、スコットランド地方がイギリスからの独立を問う住民投票だ。賛成と反対が拮抗しておりどう転がるかは時の運のような状況。とはいえ、後半賛成派が優位とみると反対派はデビットボウイやポールマッカートニーといった著名人の名前を全面に打出し猛反撃に出た。

画像の説明

住民投票でスコットランド独立が認められれば、英国は32%の土地と8%の人口を失う。2010年総選挙の結果からスコットランドを取り除くと保守党が単独過半数を獲得する。国際社会における英国の立場をめぐって一連の問題が提起されるとともに、David Cameron首相の辞任を求める圧力も強まるだろうね。
「スコットランドの独立は、カトリック系住民が英国からの分離とアイルランドへの併合を求める北アイルランド地方へ波及し、英国を四分五裂の状態に陥れる恐れがある。」と専門家も言っている。

実際、触発される形でスペインでも大規模な独立運動が発生しています。9月11日にスペインのカタルーニャ地方バルセロナでは100万人を超える人々が広場に集まり、政府に対して独立を要求しました。カタルーニャ地方の行政は11月にも民意を問う住民投票を実行すると発表していますが、スペイン政府は「憲法違反」だとして反発しています。
カタルーニャ地方には730万人も住んでおり、古代ローマ帝国の時代から独立性の強い場所でした。カタルーニャはスペイン経済の主要な牽引役でもあり、第三次産業が非常に発展しています。そのため、資金もかなり豊富に持っているのです。

画像の説明

問題なのは、現時点でも火の車状態のスペイン経済が、カタルーニャ独立で崩壊する可能性が有るという点です。スペインは若者の失業率が20%を超えるような状態で、今も経済の状況は悪いままとなっています。そのような状況で稼ぎ頭のカタルーニャ州が独立をすれば、スペインという国の財政は破綻状態になってしまうという見方が強いようです。

このように世界で民族独立が起こると世界経済に及ぼす影響も非常に大きく、日本経済に及ぼす影響も大きい。世界的にこのような状況下で我が国日本は更なる増税、憲法改正等国民を完全無視した非常識な政策を実行しようとしている。本当に皆さん、考えて行動する時期です。清々しいセプテンバー・ブルーの空が拡がっているのに気分はセプテンバー・ブルーという憂鬱!

画像の説明

さて、今夜はポピュラーソングの不滅の名作を訳してみましたのでお届けします。敬愛するPaul Simon作でS&Gとして1969年に創られ、1970年リリースされた彼らの5アルバムにして最後のオリジナルアルバム名作“Bridge over Troubled Water”邦題”明日に架ける橋“より”The Boxer”という詩です。

田舎から都会に出てきた駆け出しのしがない4回戦ボーイのボクサーの生き様に当時の自分の姿をオーバーラップさせて、人生ってこんなもんだろう、こんなもんだよな?と自問自答する若き日のPaul Simonの姿がそこにはあります。

The Boxer

Written by Paul Simon

I am just a poor boy
Though my story's seldom told
I have squandered my resistance
For a pocket full of mumbles
Such are promises

All lies and jests
Still a man hears what he wants to hear
And disregards the rest

When I left my home and my family
I was no more than a boy
In the company of strangers
In the quiet of the railway station
running scared

Laying low,
seeking out the poorer quarters
Where the ragged people go
Looking for the places only they would know

Lie la lie ...
ラララ…

Asking only workman's wages
I come looking for a job
But I get no offers,
Just a come-on from the whores
on Seventh Avenue

I do declare,
there were times
when I was so lonesome
I took some comfort there

Lie la lie ...
ラララ…

Now the years are rolling by me 
They are rocking evenly

I am older than I once was
But younger than I'll be
That's not unusual
No, it isn't strange
After changes upon changes
We are more or less the same
After changes
we are more or less the same

Then I'm laying out my winter clothes
And wishing I was gone
Going home

Where the New York City winters
aren't bleeding me
Leeding me, going home

In the clearing stands a boxer
And a fighter by his trade
And he carries the reminders
of ev'ry glove
That layed him down or cut him

The Boxer

訳詩 yasushi haruno

僕は何の取り柄も無い貧乏少年
しめっぽい自分のおいたちなど話したくないさ
ストレスは常に感じて生きてるけど
ポケットに溢れかえる独り言や 約束なんて
ほとんどみんな嘘や冗談 
元来、人間は自分に都合の良いものだけ見聞きし
そしてそれ以外は無視する生き物

家を出て故郷を後にした時は
僕はまだ世間知らずのガキだった
見知らぬ人たちの中
静まりかえった駅の中を 怖くて怯えながら走り廻っていた
地べたに這いつくばり 貧乏宿をさがした
こんなみすぼらしい場所ご免だ、いつか這い上がると想いながら、今はみすぼらしい宿を探したよ

Lie la lie ...

日銭だけを目当てに職を探しに来たけど
声はかからず
声をかけられたのは「遊ばない?」と7番街の売春婦から言われただけ
実際 すごく淋しい時がある
いくらかの慰めをそこで手に入れたよ
La la la ...

Lie la lie ...

僕の廻りでも時は流れ
規則正しく季節を感じる
僕は前より年をとったけど
これから先、年を重ねていっていろんな事に出くわしても
若い時の気持ちのまま居たい
年取ると自然に皆そう思うんだろっ?
おかしくなんかないはず
世の中は変わっていくけど
僕らは変わらない
世の中は変わっても
僕らの本質って変わらないはず

Lie la lie ...
ラララ…

冬モノの服を出して思った事
この冬着を着る前に故郷へ帰りたいと願う自分がそこには居た 
故郷ならニューヨークの冬のように
身も心も僕を痛めつけたりしない
連れてってくれ 故郷へ

気がつくと空き地のリンクに立っていた
殴られ屋ボクサーが彼の職業
彼の思い出はそのグローブに刻まれた 
汗、傷、血として戦った戦歴の跡が残っていた
自分自身への怒りや屈辱、苛立ちにまみれ叫び続ける
「もう辞めた.出て行く もうたくさんだ故郷へ帰る」
だけど(僕)ボクサーはまだそこにいる
殴り合いという人生そのものに終わりはない

Lie la lie ...

Youtube オリジナル音源↓

https://www.youtube.com/watch?v=l3LFML_pxlY



コメント

  • 確かにスコットランド独立は世界的にいろんな影響が出そう!元々先住民がつちかってきた歴史や風土はその土地の人たちが受け継ぐのが妥当!独立賛成です!
    ボクサー切ない人生の詩で心に沁みます!! -- yu 2014-09-14 (日) 21:26:18
  • 大英帝国など大分裂してしまえ!
    誰が言ったのか知らぬが、「イギリスは紳士国」などという、大嘘真逆を信じている日本人が今なおいることには愕然とさせられる。紳士の国などではない、海賊オオドロボウで富蓄えて今に至っている国こそイギリスである。 -- トロイメロイ 2014-09-14 (日) 21:29:38
  • イギリス連邦のニュージーランドでも、イギリス離れの動きが出ている。国旗からユニオンジャックを削除して新国旗を制定しようとする運動も行なわれている。また、オールブラックス・ラグビーチームに見られる「シダのマーク」が広まっているのも、これらの動きに連動しているようだ。 -- 縄文原人 2014-09-14 (日) 21:32:12
  • 独立は賛成だが、果たして世界的に国家として継続可能なのだろうか少し不安も残る。
    そもそもこれまで独立反対派が多かった理由として、独立による経済不安定化への懸念がある。確かにスコットランドは地理的比率に従った分割となれば9割の北海油田収益を得られ、独立後の貿易収支、財政収支は黒字となる可能性が高い。しかし、北海油田の石油・ガス生産量はピークを過ぎており、現在は収益源として大きいものの将来は枯渇に向かう可能性が高い。そのため、将来的な増税を懸念する向きも多い。 -- 羅生門の鍵 2014-09-14 (日) 21:36:16
  • スコットランド独立運動のもう一つの背景は、911以来の米国が、中東において残虐で嘘つき、イラクの大量破壊兵器の不存在などで反国益的な戦争に明け暮れた挙げ句にイラクもアフガニスタンも失敗したことだ。米英同盟を国是とする英国は、米国の愚かで不正義で失敗する戦争につき合い続けねばならなかった。スコットランドは、英国の一部として若者を米国の愚かな戦争に従軍させねばならず、多くの人々が腹立たしく思ったに違いない。


    スコットランドだけでなく、欧州の多くの勢力が、米国の国際主導力に愛想を尽かし、見切りをつけている(アジア人は、欧州人のように偽善的な国際人権重視でないし、自分で考えない権威主義傾向が強いので、まだ米国依存が強い)。米国の過激なネオコン戦略のおかげで、スコットランドが独立に向かっている。 -- 応仁のLAN 2014-09-14 (日) 21:39:19
  • イギリスも4〜5分割しそうだな、アイルランドも独立したい気持ちは満々だし。スペイン、イタリアも解らない。これはもうEUなど機能しない状態に陥るんじゃない。ドイツ、フランスはEUから早く抜け出したいようだし!ユダヤ、アメリカの目論み、悪巧みももう限界だよ。 -- シュナイダー 2014-09-14 (日) 21:43:17
  • Good Job!! -- duke 2014-09-14 (日) 21:47:40
  • 確かにスコットランド独立は世界的にいろんな影響が出そう!元々先住民がつちかってきた歴史や風土はその土地の人たちが受け継ぐのが妥当!独立賛成です!
    ボクサー切ない人生の詩で心に沁みます!! -- yu 2014-09-14 (日) 21:58:09
  • yasushiはん、みなさん、お久しぶりです。こうたろうです。しばらく具合いわるううして入院してました。なんとか退院してネットできる環境になりました。

    ボクサーええ。ハングリーやで。70年代前半ゆうたら日本でも高度成長期、日本経済がめまぐるしい発展続けていた時期や。苦しゅうても金かせいで一人前になりたい奴の熱気であふれていた。今はどうや?!!
    そんなもん感じるところ全くないわな。おまけにこの安倍のあほのせいで日本沈没に一直線やは。
    なんも期待できへんでこの男の政権には!!
    スコットランド、独立してほしいなあ! アングロサクソンの侵略から解放されたいやろ!! -- こうたろう 2014-09-15 (月) 00:45:06
  • シティバンクが、スコットランド独立はイギリス経済にマイナスと見ていますね。
    国民にはプラスなんだろうけど。
    スペインのカタルーニャ自治州でも同様の動きがあり!とも報じてる!

    米国の州政府独立の動きに拍車がかかれば、米軍はどうなるのかな。
    少なくとも、ローンに追われて米軍勤務になる青年は減りそうだよね。 -- ムシャノコウジ 2014-09-15 (月) 01:38:56
  • いいうたです。 -- ももこ 2014-09-15 (月) 09:10:48
  • S&GのThe Boxer あらためてyasushiさんの訳詩読むと心にジーンと染み渡るいい詩なんですね!
    スコットランド問題はそこだけにあらずですね。世界各地で民族間の紛争はあると思います。みんな平和に暮らしたい気持ちってのは根底にはあると思うんですがね〜! -- kouji 2014-09-15 (月) 09:14:42
  • S&GのThe Boxer あらためてyasushiさんの訳詩読むと心にジーンと染み渡るいい詩なんですね!
    スコットランド問題はそこだけにあらずですね。世界各地で民族間の紛争はあると思います。みんな平和に暮らしたい気持ちってのは根底にはあると思うんですがね〜! -- kouji 2014-09-15 (月) 09:14:42
  • 北海油田の利権がからんでもめそうだな~! -- シュナイダー 2014-09-16 (火) 17:20:52
  • 何だか組織力にものを言わせて反対派が優勢になったという最終状況ですね。ウイスキーなど酒造会社が多いだけに独立して新たに販路を求めたり、課税などの問題があるからな~ -- 南極の氷 2014-09-18 (木) 08:54:07
  • 反対が組織票集めてかったな、だが反対票に集計時イカサマありといくつかの海外メディア、日本でもネットで画像が出回っている。こういうのはどこの国も公にならないんだよな。権力つうものが押さえ込むのか!! -- 天然アロイ 2014-09-21 (日) 13:09:17
  • 反対が組織票集めてかったな、だが反対票に集計時イカサマありといくつかの海外メディア、日本でもネットで画像が出回っている。こういうのはどこの国も公にならないんだよな。権力つうものが押さえ込むのか!! -- 天然アロイ 2014-09-21 (日) 13:40:16

認証コード(0280)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional