Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

My Blog/2014-07-05

Top / My Blog / 2014-07-05

Tag: 死神に取り憑かれた夏〜さんざめく季節にしたいものだ 7/5 Select Song by Don't let the sun go down on me / Elton John

死神に取り憑かれた夏〜さんざめく季節にしたいものだ

目の前のロケーションに縦の斜線を入れたように激しい雨が叩き付けていた。
最近の雨の降り方を表現する言葉として“ドカーン”という状態副詞が良く使われる。それだけ猛烈な勢いで短時間に降るゲリラ豪雨の頻度が高いことになる。              
今、部屋の窓を開けて手に入れたのは、豪雨の後、雨上がりのさらりとした静寂と隠蔽されていた陽だまりが顔を出した何とも和やかな空気圧。新緑の若葉色の木々、ベールを脱いだピュアな夏の空色になる前の未だ青いだけの空の色。ただ模写の果ての単なる言葉遊びかもしれないが、五感で自然に触れ合いフラットになることで、不条理なこの世の中での疲れを癒している自分を見つけた。

画像の説明

此の国は相変わらず、出鱈目、誤摩化し、フィクションが横行している。前もっての世論調査で解釈改憲に賛成派が多い印象を与えたにも拘らず反対する人が、官邸前に6/30日に4万人も押し寄せ抗議デモをお越した。あまり報道もされなかったが新宿駅では反対表明をするサラリーマンの自殺未遂行為もむなしく、予想通りのごり押し、誤魔化しで集団的自衛権が閣議決定されてしまいました。

翌日の新聞は大うそつきの阿部の会見を長々と、テレビでは各コメンテーターたちが、 集団的自衛権=戦争 ではない という趣旨の詭弁ばかり繰り返す。

“戦争には参加しない!“などとぶちまけても、集団的自衛権というものは戦争を切り離して存在できないものは明白。何の罪もなく敵国に攻め入られた場合、自国を守るために個別自衛権を行使するのは当たり前です。
集団的自衛権というのは同盟国が危機に瀕した時に助けに行くというもので、それは戦争に行くという行為に他ならないのです。
日本じゃ同盟国というのはアメリカしかないわけで、そのアメリカを助けるために直接被害を蒙っていない日本が敵国に先制攻撃を仕掛けるってことなのです。

画像の説明

安倍がよく言っているように、“友達を助けに行くのがなぜ悪いのか?”というのとは根本的に意味が違うのです。 それから、韓国とアメリカは同盟国ですから、逆に韓国を守るために隣国の日本が出動を命じられる可能性だってありうるのです。 安倍の顔が日に日に悪党、死神に見えてくる。

この件もすべてアメリカの意向に沿って行っているもので、アメリカはこの集団的自衛権を得て日本はただの駒、位にしか考えていません。アメリカは日本に比べて桁違いの軍事力を持っています。そんなアメリカが手こずるような国に、日本が立ち向かって行って勝てる訳がありません。

画像の説明

アメリカの意向に沿って日本の動きを決定しようとする勢力が今のこの日本という国を牛耳っているのです。 7月4日本日、独立記念日を迎えたアメリカは以前の私のblog、My Blog/2013-12-15で述べた様に相変わらず演技している。北朝鮮の拉致被害者の件もシナリオ通りに進行中なのです。すべてフィクション。だから本当にもう何の主張もなく、ただ成すがままに無関心に生きていたのでは絶対にこの日本という国の未来は見えてこないそう思います。

画像の説明

さて、今夜は70年代のロック&ポップスターの一人、Elton Johnの壮大なラブ・バラードに仕立てた詩をご紹介しましょう。同性愛者で有名なエルトンですがこの詩では曲だけつけたようです。彼の絶頂期1974年リリースのアルバム“カリブ”より“Don't let the sun go down on me”という詩です。

傘の花の咲くモノトーンの似合う曖昧な季節は、ベールに覆われ万物に鮮やかな発色を与えられない頼りない太陽の時折見せるギラツキが此の世の中の苛立ちと共鳴する。死神に取り憑かれた夏を乗り切る為にシンクロしたエナジーが良い方向へ拡散され放出される事を日々願っているし実践してゆく。

Don't Let The Sun Go Down On Me''''

Written by Bernie Taupin

I can't light no more of your darkness
All my pictures seem to fade to black and white
I'm growing tired and time stands still before me
Frozen here on the ladder of my life

It's just too late to save myself from falling
I took a chance and changed your way of life
But you misread
my meaning when I met you
Close the door and left me blind by the light

Don't let the sun go down on me
Although I search myself,
it's always someone else I see
I've just allowed a fragment of your life
to wander free
But losing everything is like the sun going down on me

I can't find, oh the right romantic line
But see me once and see the way I feel
Don't discard me
Just because you think I mean you harm
But these cuts I have
They need love
To help them heal

Don't let the sun go down on me
Although I search myself,
it's always someone else I see
I've just allowed a fragment of your life
to wander free
but losing everything is like the sun going down on me

Don't let the sun go down on me
Although I search myself,
it's always someone else I see
I've just allowed a fragment of your life
to wander free
but losing everything is like the sun going down on me!

Don't Let The Sun Go Down On Me

訳詩 yasushi haruno

もはやこれ以上君の憂鬱を
僕は照らしだす事なんてできない
眼に映る全てのモノが
色あせて行き黒と白のモノトーンの写真になったみたいだ
疲れは増す一方で
時が僕の前で動きを止めるように
凍りついている
何かを行う為に用意したこの人生の中に架けた梯子の上で

もう遅すぎる
彷徨い歩く自分を 僕自身で救うには
あまりにも心が遊んでしまった
僕は チャンスをつかみその味を知り
そして君の生き方も変えたと思ってた
でも君は出会った時の僕の真意を誤解し
ドアを閉めた
そして光を遮ったまま 居なくなった

僕らに降り注ぐ太陽を沈まさないで
自分自身を探したけれど
いつも 本当の自分は見つからない
僕はただ認めるだけだった 君の人生の断片が 自由にさまようのを
でも 全てを失う事は
まるで太陽が 沈んで行くかのようだ

僕は自分自身が見つけられない 本当の自分ってものが解らないんだ
だからロマンチックな台詞も思いつかないし闘えないでいる
それから全ての過ちとそれを正す方法も見いだせないでいる

君は僕を一度見て
感じ方を見抜いていた
だけど、何もかも解りあえる
何もかも分ち合えるなんて無理さ
深く考えれば考える程
お互い傷つけあうことになる
僕らが受けた見えない傷
そうだな、それらを癒すには光が必要なんだ
太陽の光のように誰もが微笑む愛が

僕らに降り注ぐ太陽を沈まさないで
自分自身を探したけれど いつも心に映るのは他人の姿
僕はただ認めるだけだった 君の人生の断片が 自由にさまようのを
でも 全てを失う事は
まるで太陽が 沈んで行くかのようだ

でも 全てを失う事は
まるで太陽が 沈んで行くかのようだ

僕らに降り注ぐ太陽を沈まさないで
自分自身を探したけれど
いつも 本当の自分は見つからない
僕はただ認めるだけだった 君の人生の断片が 自由にさまようのを
でも 全てを失う事は
まるで太陽が 沈んで行くかのようだ

youtube オリジナル音源 

https://www.youtube.com/watch?v=FI5xme5k5AQ



コメント

  • 確かにドカーンって感じの雨だ!確かに日に日に安倍さんの人相は悪くなってほんと死神の顔ってこれなん!ってかんじですね。エルトンさんのバラード壮大ですね〜〜!! -- yu 2014-07-05 (土) 00:35:25
  • そうだ、誤摩化し、出鱈目、フィクションのオンパレードだ。
    大マスコミはガダルカナル化した旧大本営陸軍のように、もともとメディアはプロパガンダの道具 ラジオ,新聞,テレビ,今ではネットでさえそう。【ナチ宣伝手法】と言うごく自然に圧力をかけ国民を騙しワナに嵌める技がある。大活字で他紙を罵って読者の感情を揺さぶり、ネットの反論を招けば招くほど民主党とその主張の落とす宣伝になるという方法である。血をわけた赤いごろつきどもと非難したり昔から米隷属者マスコミ等はナチ宣伝手法を使い国民に赤だと圧力を掛けていた。今も盛んに使われている。真実を無理にへし曲げ悪人の血祭りのように騒ぎ立て、良識人を追い詰めるのである。 -- 縄文原人 2014-07-05 (土) 00:38:13
  • 安倍晋三というバカが、金融ユダヤ人の言うがままに「集団的対中戦争開始権行使」を強行する今、一方ではドルの崩壊が着々と進んでおります。「アメリカの世界覇権は終焉」したのです。
    そして、ユダヤ金融マヌケが日本で頼みの綱にしてきた変質カルト、創価学会も、もはや内部崩壊へと向かいつつある。創価はもう使えない。

    無理に無理を重ねた集団的自衛権ゴリ押しも、結局は無駄に終わると予言します。これを「徒労」と日本語では言います。「無駄骨」とも言います。

    金融ユダヤ人の皆さん、ひとつ教えてください。「もう負けた」という自覚ありますよね?それでもまだ足掻くのですか?みっともないですよ。 -- ムシャノコウジ 2014-07-05 (土) 00:46:06
  • また多くのお馬鹿な国民が騙されている。

    ■集団的自衛権が日本国民を守るためというのは真っ赤な嘘であり
    アメリカの要望に応えて
    自衛隊を軍隊にするための口実に過ぎない。
     
    ■基地を無料で提供しながら駐留経費まで日本国民の血税でまかない
    遂にはこの国の若者の命までアメリカ様に献上しようとするもの。
     
    ■国鉄から郵政までの国家の主要機関を分割縮小してこの国の国力を弱めてきたのも
    裁判員制度などという馬鹿げた制度も
    「ゆとり教育」で日本国民を低脳化させたのも
    全てアメリカの要望に自民党が応えたものだ。
    ■アメリカの傀儡に過ぎない自民党に政権を持たせる日本国民の知能は12歳以下だ。
    -- 応仁のLAN 2014-07-05 (土) 00:51:19
  • いつでも黙って整然と行列を作る日本人とか言っているが
    焼身の報道がなぜか申し合わせたように伏せられたり、総理批判の団体への講堂の使用を拒否する大学とか、集団自衛権だって閣議決定されるまでほとんど無批判のマスコミなど。ここまで徹底した報道や行動規制をしているとは思えないのに行列をつくるように整然と「ある方向」に向かってしまうのは国民性なのでしょうかね。
    なんか恐ろしくなりますよ。 -- 南極の氷 2014-07-05 (土) 00:53:53
  • ほんとそうだ、この国は狂っている。腐っている。


    「新宿での焼身自殺未遂事件 報道が少なかったのはなぜ?」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140703-00000025-wordleaf-soci&p=1
    yahooニュースにこんな記事が出ていた。
    海外では大きく扱われているのに、国内ではほとんど報道されなかった。いろいろと理由はあるようだが、要は自殺を助長しないためとのことらしい。
    しかし、メディアの報道姿勢の擁護が殊更に記事になるなんて、あまり見たことがなく、却って隠蔽だと確信を強める結果となった。
    -- トロイメロイ 2014-07-05 (土) 00:56:06
  • ”僕の瞳に小さな太陽を”って邦題のタイトルの詩だよね。スケール感のあるラブソングだ。

    現在この日本という国では人々の善意は、たやすくふみにじられ、人と人との結びつきも、利害関係、しがらみ、くっついたり離れたりしている。しがらみから人間的なあたたかな人間関係がうすめられ、踏みにじられてゆく姿は悲しいことである。そんな国づくりをした安倍軍国政権・官僚(検察)・大手マスメディスアたちの天下国家の国づくりは失敗だったことを国民は忘れない。 -- 確信犯 2014-07-05 (土) 01:00:33
  • エルトン黄金期の大傑作バラードや!ええうたは色あせんねん!
    あべな〜ほんまや死神そのものでっせ!この男にこれ以上日本を任せるわけにはいかへんがな。
    なんでみんなこの男のバカさと狂気に気付かへんのか。
    「戦争容認」へ向けてあらゆる「プロパガンダ」や小細工「私的懇談会つくり」や「憲法や議会に事実上の死を与える」などの策動の数々に協力してきたのはわれわれ国民の側にも責任がかかるんや。

    北朝鮮の拉致問題?はは、みな話はできてまんがな。どないふうに安倍の実績になるか楽しみやで!
    あかん、あかん。もうあかん!絶対許したらあきまへんでこんな内閣! -- こうたろう 2014-07-05 (土) 01:17:13
  • Good Job!! -- duke 2014-07-05 (土) 02:27:48
  • いつもの事だが、今回の安倍首相の、北朝鮮拉致被害者及び北朝鮮制裁解除には、集団的自衛権への批判をかわし、落ち始めた支持率を回復させる狙いが見え隠れする。
    全くもって最初から描かれていたシナリオだ。ばかばかしいにもほどがある。 -- 天然アロイ 2014-07-05 (土) 02:37:22
  • blogのエッセイもいいがこの人の訳詩能力は卓越している。いつも鳥肌が立つ思いをする。Greatest! -- どこものこ 2014-07-05 (土) 09:39:40
  • 確かにどきっとするような琴線を刺激する訳詩だ。これはもうプロレベルだよ!
    作者のいいたい事を自分自身に置き換えて訳している。単なる対訳の域ではない。
    エルトンジョン渾身のバラードの名訳ここにありだね。こういう鋭い眼差しでみつめる事で政治や世界の動きを見つめてるからyasushiさんのblogは過激だけどとてもスマートに真実を描いている。 -- ホットチョコレート 2014-07-05 (土) 18:21:31
  • まさに心の詩です。いいですね。 -- ももこ 2014-07-05 (土) 20:40:30
  • 未だ、正式に決まったわけじゃない。今動かないでいつ動く!若者よ立ち上がるのは今!!

    集団的自衛権の行使を認める閣議決定に反対する市民たちが5日、東京・新宿の繁華街をデモ行進した。ツイッターなどの呼びかけで集まった若者ら約1650人(主催者発表)が参加。ドラムを鳴り響かせながら「閣議決定で終わりじゃない」と抗議の声をあげた。 -- シュナイダー 2014-07-05 (土) 23:35:25
  • そのとおり!閣議決定しただけでは、現段階では実効力は何もない。次の選挙で自民党を敗北させるかその前に安倍を退陣させれば流れは大きく変わる。どれもこれも試してみる価値はある。
    ほんとうに日本の未来を願うのなら立ち上がるのは今しかない!! -- マグナカルタ 2014-07-05 (土) 23:44:14
  • 安倍を倒しても、第二、第三の安倍が出てくる。
    敵は安倍だけではない。
    集団的自衛権はアメリカが強要していること。
    デモはアメリカ大使館の前でやるべき。 -- 天然アロイ 2014-07-08 (火) 00:34:21
  • 自民党のポスターに書いてある”まっすぐ景気回復”、政府もメディアも景気は回復してると国民を洗脳しているが、実際は倒産の実態すらはっきりしてない上に、隠れ倒産の数が記録的な数値となっているので、日本全体としては景気が悪くなっている可能性が非常に高いです。消費税増税後の景気落ち幅もリーマン・ショックや東日本大震災以来の値で、日本経済がドンドン弱体化しているのが分かります。
    大嘘でもぎ取った、五輪という特需で首都圏は整備にかなりの需要が見込まれるのは確かですが、儲かるのは上場の企業ばかり。中小企業など全くいいことはないでしょう。なにせ元々、中小企業の事などこれっぽっちも考えていないのが自民党の現政権なのですから! -- main man 2014-07-08 (火) 00:48:28

認証コード(7461)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional