Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

My Blog/2013-03-17

Top / My Blog / 2013-03-17

Tag: TPP~既にクランクアップされている安物ドラマのようなもの 3/17Select song by Stay/Jackseon Browne

TPP~既にクランクアップされている安物ドラマのようなもの

こんばんは~卒業、入学、日本中で一番、涙の流量が多い季節なのかな。
先日のblogで、春の色の話を少ししましたが。
各地で春に咲く草花が蕾や花を形成していると思います。

画像の説明

私の居る地域でもちょっぴりまだ冷たい風に吹かれてユラユラと春を告げる様に棚引いている草花が彩りを増してきました。
私が好きなコントラストは、真っ青の一面晴れ渡った空が上半分、黄色に色付いた菜の花畑が下半分の世界です。右の写真は自分で写した近郊の菜の花畑です。

黄色は光のスペクトル(波長)の中で一番明るい色なので、視界に強烈に入り込んで来ます。菜の花の英名=Field mustard アブラナ科の草花で明るい、快活なという花言葉を持つているようです。

春には限りませんが、日々の暮らしに追われ、多くの一般庶民はとても国政など別世界での出来事で、マスメディアや政府の発信する情報に洗脳され、煽動された多くの日本国民は「仕方ないか」「何か動いているような気がする」と錯覚に陥っている。
「前に進んでいる。変化している。」と感じるのは紛れもなくマスメディアや政府の煽動に過ぎない。政府とタッグを組む一部の大企業の仕込まれた“ベースアップ、ボーナス増額の満額回答等は景気は上向いているという景気回復ドラマに過ぎない。遅くて今年いっぱい、早ければ夏の参議院選挙終了してしばらくしたら本当の景気動向がつかめるはず。

最近は事実を把握している国民も以前に比べたらかなりの数は居るのだろうけど、まだまだ、騙されているB層の数の方が圧倒的です。

そして、予想通り安倍政権はTPPに参加する事となった。オバマに「聖域」があるかのようなリップサービスをしてもらい、それを材料に国内の反対派を抑え、交渉参加への道を拓いた。しかしアメリカは全く「聖域」を保証していない。安倍自身も「参加するという入口に立っただけで、撤回もあり得る」等と大嘘をついている。撤回はおろかまともな交渉も出来ないのが現状。

画像の説明
いくつかの分野は交渉が終了してさえいる。交渉はほとんど終わっている。ラチェット条項と云って、いったん参加したが最後、後戻りできない条項の存在も多くの国民に知らされていない。安倍は国益に反しないと大見得を切っているが、国益に反したと分かった時点で脱退できない仕組みになっている。

本当にTPP=「環太平洋自由貿易協定」が日本がこれから向かおうとする未来に必要不可なものなのだろうか?日本の国益にとって、参加しなければ末代まで臍を噛むような不益を蒙ることなのだろうか? 私はそうは思わない。皆さんはどうお感じになられますか?

現在より新たな可能性が広がることは事実。だけどTPPは、農業生産者等が指摘するように、「単なる関税引き下げ問題ではない。米国主導であらゆる規制の緩和、ルール改正を同時並行で進め、国民の命と暮らしよりも大企業の利益を最優先する。「聖域なき関税撤廃」ではなく「聖域なき非関税障壁の撤廃」こそが大問題。

米国の市民団体もTPPの草案文書を基にして「TPPは表向きは貿易協定だが、完全な企業による世界統治だ」と告発している。マスメディアはさも聖域なき関税撤廃に「米・麦・砂糖等」の聖域が設けられれば了とするとの立場から「最初から聖域なきを前提とした交渉ではない」というオバマの言葉を頭から信じて、安倍は日本国民を道連れにTPPという泥沼に飛び込んだ。

私も以前のblog=My Blog/2012-09-01 “添加されると際立つユートピア思想の断片“ で韓国の酷い惨状をご紹介したと思います。日本でもあのような事が現実と化す可能性が極めて高くなるのです。

国民の生命、財産、生活を守ることを最優先することで、国政を託されたのが国会議員であるなら、その最大の使命であり責務である問題にどれだけ真剣に向かって行く議員がいるのかを知るような場面としか捉えられない現状は何とも虚しさが混じった憤りを覚えてしまう。

我々一般庶民は国という歯車を廻す使い捨てのギヤやオイルのようなものなのだろうか?
非常に嘆かわしい。このままでは“好景気ドラマ”の最終回は既にクランクアップされている通りに放映される。

それでは今夜は権力の頂点に立った人間が常に抱いている想いをDo Wappのメロディーに乗せたDo Wappの名曲で原曲は1963年モーリスウイリアムズ&ザ、ディアックスというグループのもので“Stay”という詩を今夜はこのblogでもお馴染みで敬愛するJackson Browne のLive バージョンでお届けしましょう。LiveではBrowneのオリジナル、“The Road-Out”という詩とメドレーで歌われています。

画像の説明

“The Road-Out”とい詩の大意は、一休みして思うこと、今僕がこうして詩をみなさんにお届け出来るのは汗まみれで支えてくれる裏方さんたちのお陰、彼らなしでは有り得ない、
人種や性別など関係無しに 一生懸命働いてくれる 今は決して高い賃金を払う事が出来ないけれどいつの日にか皆なや皆の笑顔で支えてくれる家族にもお礼が出来たらいいなと~とローディー(下働き)に対する心からの讃歌なのです。

この後に“Stay”を持ってきたJackson Browneのウイット感を歌詞をかみ締めながら味わい下さい。1977年“Running of Empty”という彼の5枚目のアルバムに納められています。liveではローズマリー・バトラーと盟友デビット・リンドレーの歌声も印象的です。少し長いですが2曲メドレーのものがお勧めです。"Stay"だけのものもご用意しましたのでお楽しみ下さい。

Stay

Written by Moriss Willams

People stay just a little bit longer
We want to play -- just a little bit longer
Now the promoter don't mind
And the union don't mind
If we take a little time
And we leave it all behind and sing
One more song--

Stay

訳詩 yasushi Haruno

皆さん もう少しご静聴ください
私は もう1度この国をコントロールしたいんです
少し位時間がかかっても
大手企業は味方で手を廻してくれるし
労働組合だって許してくれるはずです
だから時が経つのを忘れて
もう1度歌いあげたいんです~(美しい国を)(Stars and Stripes Forever)を

youtube 音源 The road Out~Stay メドレー ↓

http://www.youtube.com/watch?v=9pHlX1xGARA

youtube 音源 Stay のみ  ↓

http://www.youtube.com/watch?v=aljOzYLG57A&feature=related



コメント

  • TPP洗脳されてますね~完全に。どうにか成らないものですかね~
    久々、ジャクソン・ブラウンの詩。やはりいいですね~~メドレーがいいです。このようにしてミュージシャンが訴え続けるのって庶民へのいいメッセージになりますよね。 -- yu 2013-03-17 (日) 00:46:25
  • TPP~10年後の経済効果と言うが、その間に日本の産業は大打撃を受け地獄を味わうことになる。そうした打撃の部分をどう予測して、対策を打つかの方がむしろ重要で、それが含まれない試算なんて意味がありません」

    国民はこんなインチキにだまされてはいけない。


    米国と10か国のTPP交渉などうまくいくはずがない。

    米国に従って政権を安泰(Stay)にしたいと考える安倍首相のエゴだ。

    -- マカダミアンシュリンプ 2013-03-17 (日) 01:02:24
  • Stay~ウイット感が感じられていい詩ですね。

    TPPは、遅れて交渉に参加したカナダやメキシコは、すでに決まっている条件については口出しできず、今後、決まることについても先に交渉に参加している国の意向が優先されることになっています。そういう念書が交わされたのですが、日本も同じですよ。つい最近、シンガポールで行われた交渉で米国の担当官は『日本は交渉する時間も権利もないんだよ』と言ったといいます。交渉次第で聖域が守られるというのは大嘘!安倍氏はすべて掌握していながら参加表明したのです。売国政権としかいいようがない。 -- kouji 2013-03-17 (日) 01:06:50
  • yasushiさんのウイット感の方に感服!! -- duke 2013-03-17 (日) 08:42:47
  • Stay~いい詩だね~意味深で!ジャクソン・ブラウンとブルーススプリングスティーンがliveで競演しているビデオでStayをやってたな~。多分スプリングスティーンのLiveでブラウンがゲストだったと思う。それもかなり良かった!

    ラチェット規定のラチェットとは、一方にしか動かない爪歯車を指します。そこから転じてラチェット規定とはすなわち、いったん進展した自由化よりも後退を許さないという規定です。締約国が、後で何らかの事情により、市場開放をし過ぎたと思っても、規制を強化することが許されない規定なのです。

    日本が参加する前にすでに決められていた自由化を丸呑みしなくてはならず、しかも元には戻せないのですから、こんな危険な賭けはありません。

    安倍首相は末代の馬鹿総理! -- main man 2013-03-17 (日) 14:31:59
  • 1978年のランニング・オブ・エンプティ・ツアーの画像だね。バックを固める面々も今思えば超一流揃い。このようなメンバーでのコンサートを体感したかったな~
    The Road Out-Stayは繫がってる詩だね。ジャクソン・ブラウンの粋ということかな。
    TPPなどホントに真の約束ごとなどひとつもない。ホントにこの国はどこへいくのだろう~!! -- ホットチョコレート 2013-03-17 (日) 20:55:08
  • 日本人は変に協調的なので、悪政が行われても自然災害のごとく忍受してしまう傾向があります。自公政権が日本の国益を守るより、米国の言いなりになり、TPP交渉に参加表明したことは、国家百年の大計にもとる重大な誤りであり、即時撤回を強く求める。
    -- 応仁のLAN 2013-03-17 (日) 22:55:25
  • まさに権力の座に"Stay"したい安倍晋三の姿がありありと見える。オバマにしても同じ事がいえるのだが。

    安倍晋三のTPP交渉参加表明も、対米従属派である彼にとっては当然のことで、公約違反など大した問題ではなく(公約は権力を奪還するための方便)、初めから全く躊躇なしにTPP参加を決めていたものと思われる。

    対米従属派(政治家、官僚、財界、マスゴミ)にとって、例え、米国に無理難題を突きつけられ、日本の国益をいくら毀損されてしまおうが、米国の要求に忠実に従っていくことこそが、彼ら対米従属派にとっての本望なのである。
    -- ムシャノコウジ 2013-03-18 (月) 20:37:57
  • こころある人の詩ですね~。世知辛い世の中ですがこの気持ちが大事だと思います。 -- れいん 2013-03-19 (火) 00:07:00
  • 昨日のゴミ売新聞の1面なんだあれは~TPPの国民支持率60%、安倍政権の支持率72%!
    いいかげんにしてくれ!このような新聞の存在自体あってはならない。 -- シュナイダー 2013-03-19 (火) 00:11:22
  • メディアは韓国国民が、「輸入果物の値段が下がってよかったです。」等という戯けた国民のコメントを堂々と流す。韓国はアメリカとの交渉でこんなに自由な価格設定を出来ていますなどと日本国民に意識を植え込むためのを放送している。韓国がどれだけアメリカの奴隷となりがんじがらめにされたかをきちんと報道すべきだ。

    ま、この国の今の主要メディアではだめだろうが・・・。 -- 平成ジュニア 2013-03-19 (火) 08:16:59
  • 米韓FTAはまさに不平等条約、韓国の裁判官144名が国家主権が損なわれるとして、大法院に提訴、それを大法院は受理しています。アメリカの通商代表部は「TPPで日本に何を求めるのか」の問「米韓FTA」の内容を読んでて欲しい、日本にはそれ以上のものを求める」とはっきり公式の場でしゃべっている。
    未だに政府の言うこと、大手メディアの垂れ流す情報が正しいと思い込む国民が多くいるのだから、そこから何とかしないと何も変わらないよこの日本という国は。 -- トロイメロイ 2013-03-21 (木) 14:58:04
  • stay just a little bit longer
    We want to play -- just a little bit longer
    いいフレーズだね~際どいけどウイット感たっぷりだ。やれ、やれ、こんなふうに刺しまくればいい。

    TPPは年内決着を目指しており、日本がルール作りに関わる時間はほとんど残っていない。あとからTPP交渉に参加したメキシコやカナダは、これまでに決まったルールを無条件で受け入れ、再協議もできないという念書を取られている。日本も事実上、同じ状況にあるのは間違いない。

    ここまで言えば、マスコミや政府がいかに洗脳、煽動しているかわかるだろう。
    -- ソドム 2013-03-21 (木) 15:11:02
  • youtubeの音源は1978年のRunning of Empty tour のものだね。売れ始めのころだけど、Jackson Browneはソロデビュー前から作詞家として多くのミュージシャンに作品を提供していたり新進の作家としても作品を残し評価を得ていたので西海岸ではすでに人気はカリスマ化していた。

    政治、環境活動も熱心で反原発、ノーニュークスにも作品を提供し出演している。
    現在も居なくてはならない後世に伝えるべく才のあるアーティストだ。

    訳も的を得ている!! -- 縄文原人 2013-03-21 (木) 20:52:22
  • ほ~ジャクソン・ブラウンもなかなか骨のある粋な詩うたいまんな~気に入りました。
    TPPは最初から参加ありきで行動しよりまんねん。マスコミはさも正当化して報道しよるがこんなもん参加したらドつぼに落ちていくのは、ド阿呆のわてでもわかりまっせ!! -- こ 2013-04-01 (月) 00:56:49

認証コード(9403)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional