Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

My Blog/2012-08-25

Top / My Blog / 2012-08-25

Tag: ACTA という よこしまな条約・罠~ Regrettable Again 8/25Select song by Alon Again/Gilbert o'Sullivan

ACTA という よこしまな条約・罠~ Regrettable Again

オリンピック、高校野球という熱波も終わり、夏ももうすぐ終わってしまうのですね。
相変わらず尖閣諸島、竹島問題を大きく捉える裏で、またとんでもないことが行われています。ACTA(Anti-Counterfeiting Trade Agreement)「模造品海賊版拡散防止条約」。の参議院可決。
Counterfeitとは、=「偽物」。本物をマネした模造品の意。

auto_bB54Pw.jpg

「模造品海賊版拡散防止条約」と言えば偽物、海賊版の拡散を防止するもので、一見、“いいじゃない?その条約!”って思われがちです。条約賛成した国会議員でさえ多くはそんな感覚だったのでしょう。

確かに、始めは「模造品取引防止協定」がその趣旨でしたが、いつの間にか、ネット規制法案に化けて、世界中のインターネット規制、言論弾圧法案になってしまったのです。
日本では、国民にまったく知らせないまま、7月31日の参議院外交防衛委員会において、ACTA批准が全会一致で可決されて、8月3日に、開かれた参議院本会議で「ACTA・偽造品の取引の防止に関する条約の締結について承認を求める件」の採決が行われ賛成217票、反対9票で可決されたのです。

インターネットを知らない議員たちがACTAを審議しようとしているのですから、とんでもないことです。残るは衆議院ですがこれも今の状況を打破しない限り粛々と可決されそうな気配です。

ACTAは外務省と経済産業省が、推し進めようとしています。
エゴで無能な官僚、政権争い、政局にばかり明け暮れこちらも保身の為の行動だけは人一倍迅速で、大きなものには巻かれる主義で、国際感覚の欠如した政治家ばかりの日本は、ACTAとセットのTPPによって、本当に自滅の道を辿るつもりなのだろうか。

そもそも、審議する国会議員は、ほとんどこの条約の内容を詳しく知らないし、ましてや、理解できないのまま行われていることから問題視しなければなりません。
一部にせよ、国会議員ってこんないいかげんなことばかり行ってるのか?と思うとまた憤りをかくせません。

この条約は、もともとは、小泉政権に、中国のコピー商品の撲滅を表向きの理由にして、アメリカが日本に作成させた法案。実はこの条約は実際の交渉は米国が先導したとみられるが、日本が中心的な提唱国的な旗振り役を果たしてきたが、そのことすら日本人はほとんど知らない。
少し掘り下げると、2005年のグレンイーグルス・サミットで、日本の小泉首相が提唱した枠組み。 その後、日本、豪州、カナダ、EU、韓国、メキシコ、モロッコ、ニュージーランド、シンガポール、スイス、米国のあいだで極秘のうちに交渉が進んだ。

auto_AvcEKi.jpg

今年1月26日にはEUとその加盟国が、日本で署名した。
日本では署名式があったことくらいは、小さなニュースになったが、そもそもこんな交渉を日本と米国が主導し、野田政権が署名まで済ませていることを、日本のほとんどの人には伝わっていない。
ヨーロッパ諸国=EUの国民は敏感で反応が早く、ネットの自由を縛る恐れのある条約に、国民への説明なしに勝手に署名したというので、1月26日以後、猛烈な抗議運動が盛り上がり各国ですさまじいデモ活動が行われメディアも大きくとりあげた。それにより、先日、EUの立法議会である欧州議会は、このACTAに7月4日、478:39(棄権165)の圧倒的多数で否決しました。 素晴らしい!さすがEUです。

これでEU加盟国27ヶ国は、ACTAに参加しないことが最終的に決まったのです。
メキシコも否決の意思を明らかにしました。メキシコは、議会にかけるところまでいかないうちにACTAを否定しました。
残るは、署名済みの日本、アメリカ、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、シンガポール、韓国、モロッコの8ヶ国の最終判断です。

アメリカは、オバマが「ACTAは協定であって条約ではないので、議会で諮ることをしない」と強弁しており、行政協定=オバマが署名するだけ通してしまうことが決まっているので、ACTA批准確定です。

どうして日本の新聞・TVはこのことを取り上げないのか?考えて見ましょう~それは!
先ず、官僚がTV・新聞というメディアをコントロールし都合の悪いreportは一切報道させない。TV・新聞にとってはインターネット及びネットユーザーは邪魔な存在なので、ネットメディアの言論を押えこみたいと考えていますから協力的に働きます。そうすることで、世界で起こっている真実は報道されず、国民に知れてしまうと、都合の悪いNewsを拡散される土壌を摘み取ろうと考えています。法案をすんなり通すことでそれがきると考えて実行しているのです。

どこの国の大メディアもネットメディアの拡散を恐れています。EUは流石に歴史ある国々ですので国民の意識が違います。アメリカでさえ、ACTAの危険性については何度も批判的な論調で報道しているのに、 日本は、北朝鮮を批判など出来ないくらい非常に閉鎖的です。
原発報道で明らかになったように、TV・新聞などの大メディアには、正確な情報を発信する能力が欠如しています。その上ネット規制に手を貸すのですからこれはもう根っこから支配されコントロールされているに違いありません。

EU議会がACTAを否決したことや、メキシコが署名を取りやめたことも、世界的で大きな問題なのに、日本のテレビ、新聞は、まったく報道しませんでした。 8月6,7日首相官邸前 ACTA抗議デモ,8月9日の三宅雪子議員が、国会議員がACTAの内容を知らないまま、参議院で可決してしまったことを街頭で暴露 の報道などは報道するはずもありません。

さすがにモンテスキューやマグナカルタを生んだ歴史があり舌鋒鋭い欧州メディアは、「日本のメディアは一部を除きほとんど報道しなかった」として、その姿勢を批判しています。
この条例が衆院を通過し、日本を含めて最低6ヶ国以上の批准が行われれば、多国間条約の法案として発効し条例が有効となります。
そうなれば、日本国民はACTAの下で、全世界からインターネット利用を監視されます。無言の言論弾圧が始まるのです。私が今発する言葉も、検閲に触れてしまえばアウトとなるのです。これは言論の自由を奪うインターネットそのものの終焉を意味するようなものだ。

欧州議会は7月4日、インターネット上の表現の自由を制限する恐れがあるとして反対運動が起きているACTAを否決した理由は多くの国民の反対運動とよくよく精査したら、このACTAとは、とんでもない法律であることが公の場で明らかになったからです。それでEU議会で最終的に諮る段になって否決されたのです。このことで、少なくともEUではインターネット上の言論の自由が大幅に制限される事態はひとまず回避されたのです。

こちらがフランスでのACTA反対運動のデモの様子↓ユーロ各国でおなじようなデモが行われた。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=fwRM2uZ71Ck
先にも述べたように、この条約は、模倣品の防止や著作権物の保護を目的としたもので、署名・批准した国の間でそうした対策を共通化することが意図されているが、インターネット上の海賊版や違法ダウンロードの取り締まり権限が非常に強いことから、インターネット上の表現の自由を侵害する恐れがあるとして、世界各国で反対運動が起きていた。

ACTAが法制化された場合、インターネットサービスを提供する会やフェイスブック、ツイッターなどソーシャルメディアの運営者に対して、著作権侵害の恐れのあるコンテンツのアップロードや書き込みを厳しく制限することが義務づけられる恐れがある。また、実際にネット上に著作権に違反するコンテンツを公開した個人に対しても、ウェブサイトの強制閉鎖や逮捕などの強権発動が可能になると受け止められる条文が、懸念や批判の対象となっていたのです。
 

欧州議会が否決したACTAを日本が推進する理由は一言で言えば野田が小泉同様いやそれ以下のグローバリズムの化け物に感化された操り人形であることです。

なによりACTAの本質が出ているのは、知的財産権といわれる、著作権、肖像権、意匠権、商標権の侵害について、国が監視・規制するのではなく、その権利を私企業に譲渡したことです。

例えば中心となる巨大ネット企業がある日突然、相手にペナルティを科すことができる、という点が驚異であり異常なのです。 そして、その巨大企業群は、ACTAとTPPに参加した国の政府をズルズルと飲み込んでいきます。
こういう場合、政府は何の実権もない窓口、事務局と化し、その国を実質あやつり支配するのは、巨大資本の多国籍企業です。

多くはアメリカの息のかかった多国籍企業ですから、日本国民の共通の財産である知財が一私企業によって、吸い上げられたとしても、日本国内に留まっているわけではないのです。 これがグローバリズムの本当の正体なのです。

だから、米・追従議員たちは、民営化こそ我が命と、お題目のように唱えるのです。 ACTAという仕込まれたよこしまな罠の正体を露にする大きなWaveが望まれる。

EU諸国のように国民ひとりひとりへの認知度、意識度をUPさせなければこの先も国民に知らせたくない類のどのような問題が起こっても前へ進まない。同じ事の繰り返しで政府の思うまま。

こんなよこしまな政府の考えはなんとも浅はかな考えです。またして"嘆かわしさを覚える、当然だけどね"一言で締めると“Regrettable Again ”である。

auto_aTvLX8.jpg

ということで、ごろあわせではないですが、本日は先日のblogでれいんさんからリクエストを頂いた“またひとりぼっち、当然だけどね””Alon Again”という詩をお届けしましょう。

この詩の紹介はしなくても言わずと広く知られている超有名な詩ですよね。1972年のPops黄金年の全米6週連続NO.1Hitのアイルランド出身のギルバート・オ・サリヴァンというシンガーソングライターの詩です。最初の歌いだしの歌詞が自殺願望的で両親の死などを通して垣間見れる孤独ってものを見つめた詩です。

1972年日本は高度成長期で世界の歯車になったばかりでしゃかりきに廻っていた。成長していく過程でいろんな問題を抱えてしまい今のようにバランスを崩してしまったような気がする。
人も同じで未熟であっても成長したステージでも感じる感情のひとつが孤独というもの、それでは永遠のスタンダードナンバーをどうぞ~

ALONE AGAIN(Naturally)

Written by Gilbert O’sullivan

In a little while from now
If I’m not feeling any less sour
I promise myself to treat myself
And visit a nearby tower
And climbing to the top will throw myself off

In an effort to make it clear to who
Ever what it’s like when you’re shattered
Left standing in the lurch at a church
Where people saying: ”My God, that’s tough
She’s stood him up”
No point in us remaining
We may as well go home
As I did on my own
Alone again, naturally

To think that only yesterday
I was cheerful, bright and gay
Looking forward to well wouldn’t do
The role I was about to play
But as if to knock me down
Reality came around
And without so much, as a mere touch
Cut me into little pieces
Leaving me to doubt
Talk about God and His mercy
Or if He really does exist
Why did He desert me in my hour of need
I truly am indeed Alone again, naturally

It seems to me that there are more hearts
broken in the world that can’t be mended
Left unattended
What do we do? What do we do?

Alone again, naturally

Now looking back over the years
And whatever else that appears
I remember I cried when my father died
Never wishing to hide the tears

And at sixty-five years old
My mother, God rest her soul,
Couldn’t understand why the only man
She had ever loved had been taken
Leaving her to start with a heart so badly broken
Despite encouragement from me
No words were ever spoken
And when she passed away
I cried and cried all day
Alone again, naturally
Alone again, naturally

アローン・アゲイン

訳 詩 yasushi Haruno

現状から少し離れて考えてみても
気分が塞ぎこんだままだったら
自分に言い聞かせてる決め事があるんだ
近場の塔のてっぺんに登り 投身浮遊してみるって事
飛来して落ちて身体も心もバラバラになるということは
どんなものなのか神になりきって皆に示してみようと

でも実際そんなことも出来ず、誰にも取り合ってもらえないまま
教会でひとり佇んでいる
廻りの人々がこんな風に囁く声が聞こえてくる
「何やってんだい!可哀想だが待ちぼうけくらったね、もうそこに居る意味無いんだから帰ったら」って
昔と変わらないな~またひとりぼっちになってしまった
当然のことのように

ほんの昨日までの僕は 明るく楽しく、とてもワクワクした生活をしていたと仮定して!
自分自身が演じようとしている役をどうして演じないのかと誰もが思うはず
でもそれを否定するかのように“現実”ってものはいきなり現れてきて
僕が幸せに浸る時を少しも触れさせずにメッタ切りに切り刻んでしまった

それで僕は疑うことにした
慈悲めいた揺ぎ無い存在の“神”の話しとか神の存在そのものと、どうして僕は神にいつも見捨てられるかなんて一方的な展開の話

自分自身が見つけられず省みる
割り切れないけど 僕はまたひとりぼっちになってしまった
なすがままに

でも思うに世界にはもっと沢山 心痛めてる人がいてそれを癒すことも、打ち明けることも出来ないでいるという事実

どうしたらいい? 何すればいい?
また ひとりぼっちになってしまったようだ
いつものようにね

過去をふり返って見た時  いろんな事があったけど
父が死んだ時 泣いた事がいちばん最初に脳裏をかすめ
涙はなすがままに流れ落ちた

それから65才で母を亡くし はじめて解ったのは
それまで身近の人の死がもたらす“影”というものを理解できないでいたこと
母が愛した唯一の男である父が死んでから母は
傷心生活をはじめる事となった
僕がどんなに励ましても 母はだんだん言葉を失ってゆき父を追い天国へ飛んでいった
僕は一日中 泣きまくった
またひとりぼっちになってしまったと      あたりまえに感じる実感
ほんとにひとりぼっちになってしまった事実  今は悲しいけど自然体でいることにする   

オリジナル音源です↓

http://www.youtube.com/watch?v=8ELnhjGw4Zs

ニュースU.SのACTA の記事↓

http://www.news-us.jp/article/285377616.html

★Blog More~他にも政治・音楽・社会問題織り交ぜた過去の記事はこちらを↓

http://harunoltd.com/index.php?My%20Blog

★ブログランキングに5/6より参加しました。下記をクリック頂ければポイントが入り一人でも多くの方の眼に長く触れることができ私の励みになりますのでよろしくお願いします。変なサイトへ飛ぶのではありません。。  サイトでのblogタイトルはMy MonologingDialog 心の詩です。

画像の説明



コメント

  • リクエストに早速答えてさすが~って感じ。性格わかりますね~
    かなり昔の詩なんですね~でもいいわ~歌詞がこんな内容とは以外。失恋ものかと思ってました。
    ACTAへ~そんな条例さえ知らないでいました。インターネット規制されるなんて絶対NOです。政府がひた隠すことが国民にとって必要なリポートであることは最近なんとなく理解できてきました。 -- yu 2012-08-25 (土) 02:37:03
  • ほんとあまりメディアでは目に、耳に入ってこない条例ですね。中味もよく吟味しないで可決するなんてどうもならないな~。いったいどんなメンバーの参議院が可決加担したんだ。許せない。 -- ホットチョコレート 2012-08-25 (土) 02:46:21
  • 感激です。直ぐにリクエストに応じて訳いただけるなんて思ってなかっので嬉しいです。ありがとうございます。アローンアゲインはいつ聴いてもいいな~詩の内容は訳詩をいくつか知ってたのである程度解ってましたが、yasushiさんの訳でシビアな部分がより鮮明にくっきりしました。 -- れいん 2012-08-25 (土) 02:57:45
  • これは言わずとしれた永遠の名曲だよね。シンプルで飽きがこない。オサリヴァンの瑞々しさと何処となく漂う哀愁感も魅力のひとつ。 -- mainman 2012-08-25 (土) 03:03:28
  • リクエストにも高いクオリティで答えられる柔軟性を持ってらっしゃいます。yasushi
    さんは微妙な表現力が独特で他では得られない。このへんにセンスの良さを感じます。alon ageinってほんとにさびしい詩だったんですね。いまさらながら!(笑) -- kouji 2012-08-25 (土) 09:35:21
  • インターネット規制をおおっぴらに条約に入れてることを報道したら日本でも大騒ぎになるのになんと姑息な手法だな~。許すことはできないね。民主党をはじめ可決した参議院、元は主導した官僚、大元のアメリカ! -- じょんまんじろう 2012-08-25 (土) 11:19:04
  • まったく姑息なやり方だ。許されない!!

    ACTAを参院で批准可決した議員たちは以下のリストの議員です。
    これらの賛成派は憲法21条をも無視する治安維持法推進派と言えます。
    よ~く名前を覚えておきましょう!!

    委員長 福山  哲郎 (民主)
    理事  風間  直樹 (民主)
    理事  広田   一 (民主)
    理事  佐藤  正久 (自民)
    理事  島尻 安伊子 (自民)
    理事  山本  香苗 (公明)
    石井   一 (民主)
    加藤  敏幸 (民主)
    北澤  俊美 (民主)
    榛葉 賀津也 (民主)
    山根  隆治 (民主)
    猪口  邦子 (自民)
    宇都  隆史 (自民)
    岸   信夫 (自民)
    山本  一太 (自民)
    山本  順三 (自民)
    山口 那津男 (公明)
    佐藤  公治 (生活)
    小熊  慎司 (みん)
    山内  徳信 (社民)
    舛添  要一 (改革)

    -- ムシャノコウジ 2012-08-25 (土) 13:34:50
  • このうたこんな歌詞だったんだ~。メロディーは印象的でわすれないいいね~
    ACTAはひどいな~ユーロの国みたいに抗議しなきゃ~~! -- ももこ 2012-08-25 (土) 15:22:23
  • アローンアゲイン、このうたがヒットした1972年といえば日本は高度成長期、ガンガン成長していた時代。いつの時代でも人は孤独を感じる生き物なんだな~と実感。オサリヴァンの鼻にかかっつた歌声が印象的だっつた。天下のスタンダードナンバーだね。

    ACTAはほんとに日本メディアは徹底してやらないね。誰か必殺仕事人やってくれねーかな。 -- ソドム 2012-08-25 (土) 17:32:07
  • 参議院のメンバーやな顔ぶればかりだね~。次回は必ず落選活動だ。ACTAなんて通りぬける風くらいに思ってるんだろうな。国民の生活・・・は何をしてるんだ。こんな時に大きな声で叫んで欲しいな!!

    Alone Againやはりギルバートオサリヴァンがうたうからしっくりくるんだよね。いいうたってやはりアーティストの個性が際立つものの方が色褪せない。ほかのだれがやってもかなわない何かがそこにはあるから。ここのblog主も同じだよ。他の誰かが訳してもかなわない何かを持っている。そういう貴重な人間になりて~な。 -- 縄文原人 2012-08-25 (土) 18:01:14
  • すばらしい訳だ。読んでて納得できセンスを感じる。ACTAはアンチアクトのサイトがあってネット民では話題になってるが、概成のメディアはまっつたく機能してない。
    まったく遺憾だ。反対運動を拡散しなければ!! -- トロイメロイ 2012-08-25 (土) 20:54:29
  • 今回もタイムリーな話題ですね。ほんと領土問題は嫌というほど報道するのがおかしいとおもってました。確かに領土問題も大事な話題ではあるが国民にとってはそれほど意味のないもの。それを毎日毎日あれだけ垂れ流して国民にとって重要なACTAなんて
    まったくだ。いいかげんにしろといいたい。
    この国のメディアも政府もロボット以下! -- 応仁のLAN 2012-08-25 (土) 21:32:02
  • お~~POPの王道、名曲の登場や!は~そやけどこんなさみしいうたの歌詞やったんけ、ま、アローンがアゲインやからそやろな。シンプルで飽きがこんからええんやろな
    日本でもそうとう売れたわな~このうたは。
    ACTA許しませんで、衆議院では通さしたらあかんよ、わても反対署名はしとるさかいこれからもぎょうさん知らへん人に拡散せないかん思てまんがな。 -- こうたろう 2012-08-25 (土) 21:49:39
  • 訳がすばらしい、ほんとにこの人のそれは傑出している。何かをもっているという感じ。ギルバートオサリヴァンが日本語理解できたらきっと感激するだろう。
    ACTAはどうにかしないとね~反対署名するくらいしか地方にいたら出来ることはないのかな~デモも近くであれば是非参加したい。国民を馬鹿にするのもいいかげんにしてほしい。 -- 天然アロイ 2012-08-26 (日) 01:12:27
  • すばらしい!ワンダフル!!賛同する!!! -- ボンバー 2012-08-26 (日) 01:22:46
  • 天下の名曲アローンアゲイン、みごとな対訳です。ACTAはほんとに日本ではもっと大規模で表だって反対運動がもりあがらないと可決されるね。何ができる?どうすればいい?ってアローンアゲインのこのblog 主の訳にあったけどまさにそんな心境! -- duke 2012-08-26 (日) 02:10:24
  • なつかしい詩ですね~~色褪せない魅力があります。政局は相変わらずだまし、だまし政局でどうにもならないな~ここでも誰かがいってたけど選挙になっつたらうわべだけのB層の大半が橋下率いる大阪維新が良いと流れそうだけど、こんなことさせたら大変だよ。

    最近も自民の安部に摺りよったとか話題になっているが、もともとこの2人は同じ穴のムジナだよ。安部の元側近が橋下をかついで府知事にしたんだし。ブレーンはすべて自民よりの奴らだ。橋下は一点突破力はあるが、きな臭いにおいがぷんぷんしてきたことに多くの国民にも気づいて欲しい。 -- Urashima 2012-08-26 (日) 02:40:46
  • ACTAは反対だな~どうにかせねば!! -- りょう 2012-08-26 (日) 11:15:47
  • あ~聴いた事ある詩ですね。こういう内容の詩だっつたんだね~。いい!
    yasushiさんの訳はシビアで情景が浮かんできますう~~!      
    インターネットの規制もされるのそのACTAって条約、悪法じゃん。断固反対!も~民主党ええよ~何もしない方が、やればやるほどボロボロじゃん。もう政権運営やめて欲しい。もちろん自民もいや、大阪維新もインチキ臭い! オリーブの木に期待! -- れい 2012-08-26 (日) 21:43:43
  • なつかしい~うた!ありがとう! -- よのすけ 2012-08-26 (日) 22:23:00
  • 超有名曲だけどこの人が訳すと一味ちがうね。今までのこの詩に関する認識がかわった。いい仕事です! -- どこものこ 2012-08-27 (月) 15:24:11
  • またしても小泉の置き土産か~どうにかしてくれ~この国! 橋下には何にも期待せん。あれはまやかしもの。国家公務員半減?何ほざく!!そんなことしたら今以上に官僚の思うままの世界がひろがる。 -- ペガサス 2012-08-27 (月) 18:11:07
  • GOD JOB!! -- じょん 2012-08-29 (水) 11:09:07
  • 相変わらずいい訳しますね~しびれてしまいます!!ACTAは審議もせずにさーっと通過させそうな気配ですね。いったいこの国はどうなっつてるの??? -- クレメンタイン 2012-08-31 (金) 11:33:17

認証コード(8460)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional