Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

My Blog/2012-05-12

Top / My Blog / 2012-05-12

Tag: Nothing s gonna change my world~真実は心の宇宙を越えて輝きを放つ~ 5/12Select song by Across the Universe/John lennon(Beatles)

Nothing,s gonna change my world~真実は心の宇宙を越えて輝きを放つ~

defaultCA7FNJCP.jpg

突然襲ったトルネード、雹、落雷、三兄弟、今週も予想外の突然に襲われた日本列島でしたね。みなさんのお城がある城域は大丈夫でしたか?
今日はこちら抜けるような藍がキャンバス一面に拡がり新芽もワイワイガヤガヤの穏やかな風香る皐月好天でした。

ブログランキングデビューして3日目に有難いことに小カテゴリーNO.1となりました。大した事ではありませんが何もないより励みになります。これも読んで頂いている皆様のお陰です。感謝いたします。私の場合アウトポイント(ランキングサイトから自分のHP blogへ進入した場合加点)がとても多いのでランキングサイトからの覗き見する人が多いみたいです。こちらのアウトポイントはランキングには無関係のようなので少々損した気分ですが、知らない新しい指でクリックされての新しい出会いを歓迎致します。

さて、北関東あたりを襲った竜巻は凄まじい自然界の破壊力を見せ付けてくれましたね。今の日本の政治と同じで爆弾低気圧や極悪寒気団が登場すると何が起こるかわかりません。
何かに憑かれたような病的な目つきの3人衆による控訴も政治的意図がプンプンです。

仮に指定弁護士が自らの仕事に対する熱意の証を主観的主義として控訴を訴えるのなら彼らはくだらない正義に気づかない専門馬鹿のおおばか者です。国民を冒涜するのもいい加減にしてほしい。どれだけの国民の血税を政治裁判に使う気なんだい?と問いたくなる。

しかしやはり割りと信頼できるメディア(中日新聞、東京新聞、琉球新報等)や元メディア関係者で気骨のある人達のネットblog 

http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2012/05/post_299.html

によると政治的謀略の可能性が高いと言えますね。

指定弁護士の報酬金<党員資格停止処分の解除日の決定<前日夜に野田、大メディアの幹部による会食<公式控訴発表前に自民党議員のblogに控訴発表の記事掲載、等の真実を繫ぎ合わせれば誰に利があるかは明確です。
小沢さんの代表選挙出馬を阻止する民主党B幹部と自民党の一味が動いた事は明確。

利権集団の一味である大手メディアは情報操作の洗脳記事を書く仕事が増えて喜んでいるのが腹立たしい。この部屋を訪れてくださる方はもはや大手新聞の踊り文字やNHK含むTVニュースを信頼して見聞きしているオメデタイ人はいないと思いますが、大メディアの洗脳のお陰で多くの国民は未だに国家権力の基によい様に洗脳されています。とても嘆かわしいことです。
しかし今回の件で違和感を抱きはじめた方が更に増えたのではないかと思ったりもしています。
私やblogを書く人が伝える言葉は主観的なものが中心となるのは当たり前なことです。

それを不特定多数に伝える仕事に携わる機関がおこなったらいけません。
報道は報道を受け取る大衆との信頼関係の上に成り立っているはずです。 だから、報道は主観を交えない、客観的事実に基づいたメッセージを受けて側に伝えることが原則のはずなのです。
なのに、今の日本の大手メディアの殆どにおいて、政治がらみの記事は特に表現の自由、報道の自由、知る権利を盾に乱用し客観報道の原則を明らかに守っていない。意見が分かれる場合はその双方の立場となり平等、公平な視点で意見を述べて、エンドユーザーである国民の判断指標となるように伝える事が望まれるというか、これが本来のジャーナリズムの姿ではないでしょうか?

しかし奴らは先ず、一方的な主観的意見を組み込み、政治的イデオロギーを優先させ編集した記事をフロントページに躍らせいかにもこの記事はトップバリューの真実であると正当化を演出する。次ぎに記者やコメンテーターが恣意的編集、推測&憶測&洗脳記事、意見を流し込み表現したモノを正当化に拍車をかけ不特定多数の国民を煽動しているようなものは偏向報道の極みであり決してジャーナリズム、報道とは言えない。
勿論、ちゃんと取材をして裏を取り、主観を交えずに、客観的な事実を恣意的な編集によらないで、報道されているものもあります。結果として下手をすれば、伝える側と受け取る側の信頼関係を失うことになるのにそれでもあえて行うのは何故か、皆さん不思議じゃないですか?

歴史が浅いと言えばそれまでなのですが、記者クラブという矛盾したシステムを構築している日本においてのジャーナリズム、報道の定義は曖昧なもので、客観報道の定義は人によって千差万別で、何の取決めもない。
ここがそもそも海外からも批判される過剰な偏向報道体質を生んでいるように思うのです。また報道と言う行為そのものが社会的責任等の規範とは別次元の扱いであるという定義があるのも彼らが動きやすいように乱用されているような気がしてならない。

私はイメージとしてしか捉えられないけれど、真実を見極めることは、難しく考える必要などなくsimpleに思考を巡らす方がより鮮明に物事が見えてくるような気がする。

defaultCAOI20OP.jpg

敬愛するJohn lennonは、自分の見識の中の大切なモノをはっきり見極めて、もしもその中に、異物=ある種の危うきものを、見つけた時には、自分の心の宇宙に浮かべその光りに照らして、それが本物か虚偽かを判断していた。情けないことに今の日本はそんなことをひとりひとりが自覚して行わなければいけない時代となってしまった。

auto_F23cg6._AA115_[1].jpg

それでは今日はJohn LennonがBeatles名義で残した詩で心の宇宙を描いた詩をお届けしましょう。1968年発表し、album収録は70年の“Let it be”3曲目に収められた“A cross The Universe”です。この頃はジョンとジョージがインド音楽、宗教に目覚めていた頃らしく音にも詩にも影響が伺えます。

息継ぎの殆どない歌詞の羅列を朗読のようにメロディーに載せるのも天性のテクニックかな。詩の本意は“大事なこと、真実は誰の言葉でも、教えでも変化することはない。それを自分の中で見極められるよう解き放たれた澄んだ心で居る事が大事”と言っているのだと思います。私は宗教家でも思想家でもありませんがという前置きを使いますが、これは万物流転する人間社会において心に留めておかなければいけない想いでしょう。この詩も年に何度か無償に聞きたくなります。それでは今日はとてもシュールなJohnの詩をどうぞ。原詩はyoutubeに浮かんできます。

yasushi

Across the Universe

Written by John lennon
訳 詩 yasushi Haruno

言葉は降り続く無情の雨が  紙コップの中に落ちては溢れ出すように私の中で流れ拡がり
無限の心の宇宙を巡っている
悲しみは心の片隅で泉となり 喜びは波のように打ち寄せては引きながら私の解き放った心の中を漂っては
途切れることなく心に宿り纏わりついてゆく

デーバー導師を称えます~
ただ何モノたりとも私を変える事など出来ない

悪戯に屈折した光のイメージは 百万の瞳となり私の前で踊っている
そして私を無限の心の宇宙(未だ見ぬ空)の向こうへ誘ってくる
私の心は郵便箱の中に吹く落ち着きの無い風のように
ゆらゆら彷徨いはじめ 心の中に創りあげられた無限の宇宙に翻弄される

デーバー導師を称えます~
ただ何モノたりとも私を変える事など出来ない

誰となく笑う声 運命という影は
澄み切った心には響き渡り 沁みこんでゆき ある意味 刺激的に目覚めさせる
限界も不滅も感じない愛が 百万個の太陽のような眩い輝きを放ち
私の廻りをとりまいている
そしてその光は無限の心の宇宙(未だ見ぬ空)の向こうへ
どんどん進んで行こうと私を誘う(いざなう)

デーバー導師を称えます~
ただ何モノたりとも私を変える事など出来ない
デーバー導師を称えます~
ただ何モノたりとも私を変える事など出来ない
デーバー導師を称えます~
ただ何モノたりとも私を変える事など出来ない

★ある人の薦めでブログランキングに5/6より参加しました。下記をクリック頂ければポイントが入り一人でも多くの方の眼に長く触れることができ私の励みになりますのでよろしくお願いします。変なサイトへ飛ぶのではありません。。 サイトでのblogタイトルはMy MonologingDialog 心の詩です。

画像の説明

音源と共に画像に英語の原詩がテロップで出ます↓

http://www.youtube.com/watch?v=uomY5h1hJwA&feature=related

こちらバージョン違いのbest盤のもの↓
http://www.youtube.com/watch?v=zC4poOpZG9w&feature=related

イメージ画像ならこちらがお勧め↓

http://www.youtube.com/watch?v=Rj-4t9drUlM



コメント

  • この詩耳にしたことあります。ふんわか心地のよいメロディーに乗って素晴らしく精神的な歌詞で圧倒されます。相変わらず訳詞さえてます。あ、ランキングデビューおめでとう御座います。あっさりNo.1ヒットやっちゃいましたね。流石です。というか実力からすると当然です。これからも変わらずMY Worldを展開してください。 -- yu 2012-05-12 (土) 18:00:36
  • 精神世界の境地ですね。yasushiさんが常に伝えたいメッセージを感じます。このblogの視点もさすがにシャープです。ほんとに混沌とした政治の世界は何をやっているのか、裁判ごっこじゃないんだから偽造された報告書の追求もなしに控訴など有得ない。政治空白をつくるだけのような気がする。また同じことの繰り返し。もうウンザリだ。 -- kouji 2012-05-12 (土) 18:19:01
  • ほんまや!もううんざりやね、だんご3兄弟あほちゃうか!つーか、仙石か誰か悪い奴がおんねん。この件に関してはそいつらのグループが首班や。検察は悪いことした人捕まえるところではなく、国家権力の障害になる人物を取り締まるとこや言うて検察の人は上司から習うんやそうな。なあほな、ここの国狂うてしませんか?どいつもこいつも豚箱じゃ~。ノブタが看守で立とったらええねん。あんたらもう政治の世界に必要おまへん!! 詩はええで、詩は!レノンさんやろ。わてもこの曲時々無しょうに聞きとなりますのや。不思議な魅力あるうたですのや。訳みて、や、ええわ。今までどんな詞かしらなんだがイメージどおりや。すばらしい! -- こうたろう 2012-05-12 (土) 18:42:33
  • まさにその通りですね。この国の司法、検察、メディアは暗黒そのもの。NHK=総務省を筆頭に大手メディアは全く信用できません。指定弁護士が悩んだ挙句に控訴に決めた割にはなんか疲れはて何か申し訳なさそうな目つきみれば敏感な人ならわかるよな。何かに怯えてましたよ。あの3人は考えようによっては被害者の一人いや3人なのかもしれませんがそれより多くの国民に繰り返す茶番を突きつけた罪は重い。
    この詩CMかななんかでかかってましたね。少し前。こういう歌詞内容だったんだ。いいね!今の政治家に聞かせてやりたい。 -- トロイメロイ 2012-05-12 (土) 22:33:25
  • 先ずはランキングデビュー及び首位奪取おめでとうございます。ほんとに政治の世界はわかんないことばかり色んな事が絡んでるんですね。この詩は聞いたことありますがこんな内容の詩だったんだ~。インドの僧の教えは素晴らしいけどその力をもっても私自身の本質は変えられないということですね、yasushiさん!精神世界の展開素晴らしい! -- れい 2012-05-13 (日) 03:06:48
  • 歌詞の”Jai Guru Deva, Om"ってのは古代ヒンズー語ですね。当時Beatlesが傾倒していたインドの導師がマハリン・マヘシ・ヨギと言う。通称デーヴァ導師。
    精神世界をうたった不思議な雰囲気はインド音階を一部取り入れたりヒンズー語を使用してる影響もあるだろう。私も好きな歌だ。 -- Main man 2012-05-13 (日) 03:26:11
  • BlogタイトルがフロイドでBlog画がサイモンのひとりごと=モノローグを引用するとは洒落てますね。センスの良さを感じて拝見したらコメントも素晴らしい! -- スターマン 2012-05-13 (日) 03:39:07
  • いいね。このメロディー摩訶不思議。歌詞も心を漂うよう。 -- りょう 2012-05-13 (日) 09:41:57
  • 素晴らしい心の宇宙の詩。理想論的展開だけどこうあるべき心の姿を描いた詩だ。メロディーもシンプルで飽きがこなくてよい。 -- 縄文原人 2012-05-13 (日) 11:49:12
  • まったくその通り。日本のメディアは腐食しきっている。やはりアメリカが及ぼす影響が大いにありですね。あの3人の指定弁護士では普通の裁判でもまともにやれそうな感じじゃないっす。ま、このまま裁判続ければ検察、最高裁の悪事が多くの国民に知らされる良い機会になって世の為かもしれない。小沢さんは遠慮せず政治活動すればいい。
    被告人とは名ばかりなのだから。 -- ムシャノコウジ 2012-05-13 (日) 13:13:53
  • この人はいつもながら本質をよく捉えているところが素晴らしい。話の展開上手いし変に専門的なのでないところがいいね! -- ソドム 2012-05-13 (日) 13:47:59
  • 政治はよくわからんけどこの国は北朝鮮のこと攻められない状態なのね。表に出てこないだけで。民主主義の夜明けは来てないのだね。 -- ボンバー 2012-05-13 (日) 14:22:42
  • いつも詩とコメント楽しみにしてます。今回もいやされました。 -- ももこ 2012-05-13 (日) 14:25:26
  • これはすごい。訳もよく理解されているしコメントも基礎ができている。おまけのblogにしては最高域にある!! -- shooting star 2012-05-13 (日) 15:43:52
  • すばらしい!この人のblog 遡って読んでた。3月4日日付のOvernight Sensation~遥かなる野望~これすごい。衝撃的!この人の世界に入り込んでフォローワーとなった常連いるの納得。感性に敬服! -- シンプソン 2012-05-13 (日) 17:12:21

認証コード(5088)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional