Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

My Blog/2013-08-11

Top / My Blog / 2013-08-11

Tag: 日本は、悪事に加担しているそうだ~行動を起こさなきや~ 8/11Select Song by We Stand a chance/Tom Petty&The Heartbreakers

日本は、悪事に加担しているそうだ~行動を起こさなきゃ~

-------待ち受けてるのはLong After Dark(夜明けのない世界)

相変わらず日中は灼熱の太陽が照りかえり各地で40℃を超える気温をマークし夜になっても熱帯夜が続く。冷房の効いてない室内にいるよりは太陽が意地悪とも思える日差しで降り注ぐ屋外の木陰の方が時折吹きぬける風が火照った身体の体感温度を下げてくれるので心地良く感じる。

画像の説明

さて、映画“プラトーン”“7月4日に生まれて”“ウオール街”“JFK”等を昨年は”もうひとつのアメリカ史“というドキュメンタリー映画を音楽ファンにはアメリカLAで1970年代初めに実在して活躍したカリスマ、ジム・モリソン率いるドアーズを描いた”ドアーーズ“といった社会派映画を作成した映画監督オリバー・ストーン氏が8月6日に広島で行なわれた原水禁2013(原水爆禁止2013年世界大会)において実に素晴しい演説の言葉を残してくれました。

画像の説明

そこにはマスコミが伝えない真実の言葉がありました。多くの聴衆の心に刺さったはずです。悪魔の呪文のようなマスコミの煽動、洗脳の言葉に侵されてはいけません。このように自分に襲い掛かるかもしれない多くの障害をもろともせず日本、いや世界の為に超えなければいけない壁を撃破しようと放たれた言葉の銃弾は非常に重く心に突き刺さるはずです。またその言葉を受け留め一人ひとりが行動するべきです。

以下、重要なフレーズを抜粋引用します。
(オリバーストーン氏講演より)

今朝の(原爆記念)公園での式典を見て強く心動かされた。よくできた式典だった。日本人の良心を証明するような式だった。すばらしい記念式典は「日本人」の性質をよく表していたと思う。しかし、今日そこには多くの「偽善」もあった。「平和」そして「核廃絶」のような言葉が安倍首相らの口から出た。でも私は安倍氏の言葉を信じていない。

第二次大戦で敗戦した2つの主要国家はドイツと日本だった。両者を並べて比べてみよう。ドイツは国家がしてしまった事を反省し、検証し、罪悪感を感じ、謝罪し、そしてより重要な事に、その後のヨーロッパで平和のための道徳的なリーダーシップをとった。

ともにひどい経験をしたドイツが今でも平和維持に大きな力を発揮しているのに、日本は、アメリカの衛星国家としてカモにされているのかということだ。あなた方には強い経済もあり、良質な労働力もある。なのになぜ立ち上がろうとしない?

オバマはヘビのような人間だ。ソフトに語りかける。しかしオバマは無慈悲な人間だ。台湾に120億ドルもの武器を売り、日本にスティルス戦闘機を売る。

よく聞いてほしい、アメリカは、こんなことを言いたくはないが、いじめっ子なのだ。日本が今直面している恐ろしい龍は中国ではなく、アメリカだ。

米国は「唯一の大国」であろうとするために脅威を増大させ、世界中にアメをなめさせ、無実の人を刑務所に入れ、消し、ファイルを秘匿し、盗聴し、永遠の監視国家たろうとしている。これが今世界に起っている事だ。日本は、悪事に加担している。

(以上、引用終わり)

これが真実なのです。アメリカは国の借金2京円を返済出来る目途も立たず、各州における膨大なインフラ整備も出来ないままの状態。
このままインフラ整備さえも満足に出来なければ借金の前に国が崩壊する。
道路は陥没し水道管は破裂、橋は崩壊、送電線はクラッシュ、ガスは噴出する。一昔創られたものに手を加えるメンテナンス=インフラ整備が出来なければ国民は生活出来ない。

だから中国、北朝鮮などを煽り日本や周辺各国に軍備増強を迫り世界の戦争兵器の70%以上をアメリカが生産している武器・兵器を無理やり買わせているのです。
韓国も最近対中国用として済州等島に核兵器搭載のアメリカの空母ジョージワシントンが停泊できる巨大海軍基地を世界遺産をぶっ壊して造らされている最中です。
それでもお金が足りないからこの先戦争を仕掛けてくるかもしれません。

もちろん今、安部政権が推し進めている憲法9条の改悪はアメリカの戦争政策拡大に繋がるもので、アメリカからの指示で行われています。こんなものを通してしまっては本当にオリバーストーンの指摘する“日本は悪事に加担している”を二乗することになってしまいます。日本人として恥ずべき行為です。

借金なら日本も負けてない、先日1000兆円を超えたと発表があったが?と思われるかもしれませんね。自慢になるような話ではないのですが、少し掘り下げましょう。確かに日本もアメリカや世界に貢ぐお金はどこから出してんだろうと思うくらいの借金大国です。
先ず単純に数字で表すと、日本の借金約、1000兆円―国民一人当たり792万円だそうです。それに対してアメリカの借金約2京円―国民一人当たり約4000万円の借金となります。

次に借金の質です。日本の借金の大半は国が国民から借りているお金です。この借金は返済がすぐに迫っているものではないので、期限までに返済ができずに国家破綻なんてことにはまずなりません。又、現在のような日本国に投資などしたくもないのですが、良いように解釈すればこのお金も国の資産と考えれば、日本という国全体としてはプラマイゼロなわけです。

一方アメリカの借金の大半は国外に依存しいています。もちろん日本も含まれています。
この借金には返済期限が明確に設けられており、期限までに返済が出来なければ債務不履行となり、国家破綻を起こします。
私の過去のblogでも何度もアメリカの財政状況は危機的状況だと言ってきました。アメリカや日本のメディアは伝えませんがこれは紛れもない事実です。伝えられないなら伝えなくても良いが“現在アメリカの経済が上向きで・・・“等と嘘に近い経済状況を一般国民に伝えるような事をする大手マスコミは許す事が出来ない。

現在アメリカは9月からの新学期用の一般消費のSaleを行っている最中ですが思い通りの数字がでないようです。アメリカの経済状態を解りやすく言うと、失業者がサラ金を借りまくってるようなものです。新たな借金をしてそれを負債に当てる方式。つまり、結果的に借金の額は段々と増えているということです。アメリカはこれを何年も前から繰り返していて、負債は雪だるま式に増加し続けていて、もう返せる見込みは全くありません。

画像の説明

残された選択肢は1.国家破綻、2.自作自演テロによって負債をもみ消す。3.大きな戦争を起こし軍事費、兵器、材料で儲け、混乱に乗じて通貨の切り替えを行う。といったことぐらいでしょう。

いずれにしても今のアメリカにはアメリカンドリームなど夢やロマンが溢れる言葉はまるで似合わない。いや、つい2~30年前ですから、私が若い頃からもそうだった訳で、その頃はメディアやカルチャーが創り出す虚像のアメリカを夢と自由の国だと信じていたウブな眼差しの青年が居たのだった。

最初に記載したオリバーストーン作成の映画はいずれも実際にアメリカで起こった過去の事象を題材にしたものが多くそのテーマに自分の表現したい主張を盛り込んで現代を生き抜く我々にメッセージとして送りつけている。ジム・モリソンを描いた“ドアーズ”という映画も1971年、アメリカ独立記念日の前日に突然の死んでしまった(当時のニクソン政権による暗殺説もある)ジム・モリソンを通して当時のアメリカ社会の様子を現在に伝えようとしている。

日本においては敗戦して現在に至るまで、国民性から勤勉に労働に励み経済は著しい成長を遂げ元々あった巧みな技は高度な技術として昇華、発展して世界をリードするものとなった。しかし何があっても宗主国に従順に従う事が上手く世界と付き合う方法だと、厄介な事を嫌う属米派の連中が多かった。もう少しアメリカ人を欺くような反骨精神のある国士が居ても良かったのではと思う。
国民も同じく政府、マスコミの言うことを疑う事をしないオメデタイ意識の人種が大半であった。

本当に今からでも意識改革をして1人でも多くの日本国民がこの属国~宗主国のシステムに早く気付き何かしら動き出さないとLong After Dark(夜明けのない世界)へ突入してしまう。

今日、紹介する詩はアメリカのシンプルなR&R Band のHeartbreakers率いるTom Pettyの1982年リリースの5Thアルバム“Long After Dark”に納められた”We stand a Chance”という詩です。この詩は彼らのグレーテストにもアンソロジーにも入れられる事が無く一般的な人気曲ではないのだろう。アルバム単位で見れば3rd”Damn the Torpedoes”等他に良いアルバムが何枚かあるのですが、1つの詩としたら、この詩は私の中では彼らのキャリアの中で一番愛してやまない詩です。

画像の説明

詩はシンプルで解りやすい。フラレそうになる彼女に説得するように語りかけるたわいもないLove Songなのですが背景にはいつ激変して変わるかもしれない現実の世界、生活と向き合い、孤独感、孤立感、傷み、苛立ち、戸惑い、焦燥感、嫌悪感、無力感といった人間が感じる感情をストレートに表現して蹲り、悩み、行動を起こすことが良い方向への解決なんだという全ての事象に当てはまる答えをうたいあげています。曲もエッジとドライブ感の効いたシャープなカッティングのギターが大好きです。
“本気でやればこの愛もこの世界も変えられるはず、だから俺たちにチャンスをくれ!”そう心の叫びを表現したまさに心の詩です。

We Stand A Chance

Written by Tom Petty

Stand back from me honey
Because I don't know what I might do next
No I'm surprised by this, frightened by this
Nothin' ever got me so out of my head, baby

We stand a chance
We stand a chance
Yeah, and I could be wrong, but you never know
We could stand the chance of real love

Oh, God knows I love you
God knows I do,
Baby will you let me just prove it to you
Come here to me baby, come here to me now
I want to talk to you, talk to you,
And tell you somehow that

We stand a chance
We stand a chance
Yeah, and I could be wrong, but you never know
We could stand the chance of real love

I'm so moved, I'm so changed
My whole world is a fountain of flame

We stand a chance
We stand a chance
Yeah, and I could be wrong, but you never know
We could stand the chance of real love

We Stand A Chance

訳 詩 yasushi Haruno

距離を置いて考えてみる
次に何をしたらいいのかも解らない現状だけど
こんな事になるなんて 驚いちまって目の前まっ暗
頭の中ではおまえ無しのストーリーなんてあり得ない

可能性があるはずだ
俺たちにはチャンスがあるはずだ
間違ってるかもしれないけど そんなこと誰にも解らないだろう
これが本物の愛を掴むチャンスなんだ

お前を愛してるって“確かな事”
それは紛れもない真実
それを具体的に証明してみたいんだ
ここへおいで 今、俺の傍に
話をしたい 打ち解けたいんだ
とにかくこの想いを伝えとくよ

可能性があるはずだ
俺たちには出来るはずだ
間違ってるかもしれないけど そんなことやってみなきゃわかんないだろう
これが真実の愛を掴むチャンスなんだ

自分を奮い立たせ 激変して描いて見せるよ
この視界に拡がる全ての場面(世界)は
いつ炎上するかわからない炎の泉だから

可能性があるはずだ
俺たちにはチャンスがあるはずだ
間違ってるかもしれないけど そんなことやってみなきゃわかんないだろう
これが本物の愛を掴むチャンスなんだ

We Stand a Chance youtubeオリジナル音源 ↓

http://www.youtube.com/watch?v=HB2GPlN6fqs

<添付資料>

オリバー・ストーン原水禁2013年世界大会においてのスピーチ全文書き起こしはこちらのページに用意しました。↓

オリバーストーン2013文字書き起こし

スピーチはyoutubeのこちらからご覧頂けます。↓

http://blogs.yahoo.co.jp/tinton9/32123546.html



コメント

  • オリバーストーン監督は反米の社会派ですよね。まっとうな意見です。yasushさんも上手くコメント絡めてきて、tom pettyさんの詩、訳詩やはり流石です。うまい!! -- yu 2013-08-11 (日) 01:00:34
  • この講演の言葉は多くの日本人特にお茶の間のB層に聞かせなきゃね。

    オリバーストーンさんの映画の題材はアメリカ現代史と密接にかかわるものが多い。
    最近、第二次世界大戦前夜の1930年代からブッシュ、オバマ大統領までのアメリカ史を、独自の視点で描くドキュメンタリーシリーズを制作してるよね。

    最初はお金持ちの白人の解釈した道楽映画かと思ってたけど結構反骨精神がある。マイケルムーアとはまた別のタイプだ。 -- 天然アロイ 2013-08-11 (日) 01:08:26
  • この監督は自身がベトナムの帰還兵だから説得力ある反政府、反アメリカのメッセージを自身の映画にて表現している。こういう著名な人の言葉をもっと沢山の日本人に聞かせなきゃな。原水禁に来てる連中なんかは理解してる方が多いだろう。ほんとお茶の間でニュースバライティを鵜呑みにしてるのB層に聞かせなきゃな。

    とりあえずこのyasushiさんのコメントも他のサイトに貼りつけて拡散させましょう!! -- ムシャノコウジ 2013-08-11 (日) 01:36:02
  • ん~~オリバーストーンという監督の言葉は確かに重い。けどアメリカ国内ではどんな立ち位置なんだろう?確かに映画やこういった講演では自分の主張を表現してるかもしれないが、それがどこまで本国で支持されてんだろう。ユダ金の社会で。
    でも日本人には聞いて欲しい内容だよな。起こってるすべての事が繋がり結びつくからな。

    -- 応仁のLAN 2013-08-11 (日) 01:46:58
  • Tom pettyの曲か、アメリカンロックのタイトでシンプルな乗りがいいね。yasushi
    さんの訳詩はやはりいい!最高っす!久々に血が騒ぐ詩とコメントだ! -- ホットチョコレート 2013-08-11 (日) 01:50:13
  • そう、トムぺティのR&Rナンバー。この詩しらなかったな。俺、トムぺティはグレーテストヒットしか持ってないから。いや~いい!!実にすばらしい詩だ。

    オリバーストーンさん、名前も顔も知らんかったが作られた映画は全部知ってるし見てます。そうだな、とにかくこういう声は俺たち日本人の為に発してくれたんだから受け止めて拡散あるのみ!
    -- main man 2013-08-11 (日) 01:57:32
  • オリバーストーンのニュースはネットではよく目にする。他のメディアはお湿り程度で流す。いつものことだが。

    米中央情報局(CIA)のIT安全管理者でネットオタクのスノーデンが、何か日本に関する機密をしゃべってくらないかと期待している。
    アメリカはもう戦争かテロやんなきゃ崩壊だろ。 -- マカダミアンシュリンプ 2013-08-11 (日) 02:07:55
  • Good Job! God sense!! -- duke 2013-08-11 (日) 02:39:14
  • オリバーストーンとトム・ぺティどちらも反骨精神あふれる社会派で共通してるか。
    スタイルはえらく違うけど! -- トロイメロイ 2013-08-11 (日) 09:22:34
  • 1960年代~70年代アメリカが激変していた頃の出来事を題材にしたもの、特にベトナム戦争を題材にしたものが多いよね。

    同じ社会派でアウトロー的イメージのTom pettyの詩を持ってくるところは流石。何度も言ったかもだがyasushiさんの訳詩能力、センスはプロを超えてる。
    今日の詩もLove songなのに社会に訴えるメッセージをちゃんと伝えている。国内版CD
    などで意味不明な対訳が溢れている中、素晴らしい仕事をしている。
    私はyasushiさんの訳された詩の中でもMy Blog/2013-03-03で取り上げたWarren ZevonのMohammed's radioに非常に共感を覚えた。 -- 平成ジュニア 2013-08-11 (日) 13:18:04
  • さっき本屋へ行ったら安部の著書“軌跡”サブタイトル いかなる時も信念は変わらなかった”が店頭の一番目立つ所にワゴンと看板を用意して売られていた。
    何が、いかなる時もだ、!!!
    誰も見向きもせず大量在庫のままだったが。

    オリバーストーンも言ってたとおり、安部の言う「平和」そして「核廃絶」は”偽善”そのもの。信念のかけらもないクズの政治家。

    人柄がよいので一般大衆は騙されやすい。やってることは麻生ではないが、ヒットラーそのもの! -- 縄文原人 2013-08-11 (日) 13:31:05
  • いんちき臭いが参議院選の勝利により、アベノミクスの信任を得たと勘違いする政治家、国民が増えているのにも困る。煽りデマばかり飛ばすマスコミも悪いのだが騙される国民が馬鹿すぎる。とても危険な状態です。

    大メディアでは伝えないが世界で数多くの隠れた破綻が進行中。紛争も進行中で、国内においてもアベノミクスの足元を揺るがす事態が進んでいます。
    どうか目覚めて意識改革せよ我ら日本国B層よ! -- オーガストムーン 2013-08-11 (日) 16:15:08
  • Tom pettyは挑戦的な眼差しがいいね。いかにもひネタアウトロー。詩歌ってなきゃLA近辺のゴロツキのようだ。人間くさくてそこがいい。声はボブディランを意識してかやや鼻にに掛って投げやりな歌唱法。

    我ら日本人も真似して何かやれば変えられるチャンスはあるのかな。 -- 南極の氷 2013-08-11 (日) 16:28:09
  • いいコメントです。拡散しましょう~ -- ももこ 2013-08-11 (日) 18:02:26
  • 終戦記念日ではなく敗戦記念日とするべきだった。それだけ意識というものは人間の中では大事な精神論の柱だ。新聞、テレビのメディアはこの戦争のころから既に国民めせんではなかった。この国は戦争に負けていったい何をどれ程学んできたというんだ。

    民主主義の衣をかぶっているだけ。自民公明の政治=創価学会プラス統一教会が裏で行動する独裁政治。国民を欺くという点においては北朝鮮以下のひどい国家。

    We stand a Chance. -- kouji 2013-08-11 (日) 20:46:33
  • マスコミは戦時中と変わっておらん。政府=大本営の検閲を受け流せるニュースが選択される。戦果は6倍にして、損壊は5分の一にして国民に伝えられた。

    無論プロパガンダ、洗脳、煽動等都合のよいようにとりつくわれていた。
    どうしようもない機関。今の記者クラブ制度など一度解体して再構築しないとダメだ。
    このことを指摘している小沢一郎はとことんマスコミに嫌われ叩かれている。
    ま、小沢の場合、宗教法人に課税させると言って日本中の宗教法人からも誹謗中傷、人物破壊、アメリカに逆らいでっち上げの罪をなすりつけらことごとく悪人のイメージを植え付けられたがこれほど日本の事を考えて行動している政治家は誰ひとり他にいない。 -- 羅生門の鍵 2013-08-11 (日) 23:48:00
  • 今回のオリバーストーンの来日~講演に関しても大手メディアは肝心な内容は一切伝えない。今の安部政権の危険な状態を正しく伝えることなどまかりゆるされないのだろう。

    しかしこの大手マスコミの壁を越えなければ何も変わらない。9.11も3.11も小沢免罪事件も不正選挙もすべて親玉はアメリカのユダヤ金融であること。それを上手く一般国民の多くに伝えないと国民は何も理解できないし変われない。 -- クレメンタイン 2013-08-12 (月) 00:07:52
  • すばらしいコメント、詩、訳詩だ。コメントは眼から鱗だった。今までオカシイと思ってたことすべてが関連性があるひとつの理由から起きていたのだ。これですべて辻褄が合う。過去のblogも今から順に読ませて頂きます。

    Greatest!! -- ひねた猫 2013-08-12 (月) 01:41:28
  • 思うに、一昔前までは”そんなことあり得ない”とか”それは妄想に過ぎない””日本やアメリカがそんことない”と思ってたことが実際はすべてそれが真実だったということ。

    いつからか我々の習った世界史・政治経済史はかなり捏造されたものが存在していた。
    この事実を受け止めなければ前には行けないよな。一昔前、ゲテモノ視してた人やなんか言うと右翼・左翼思想家とか言われた人には申し訳ない。あなたたちの方が正しかったことになる。しかしほんとうに革命でもおこさないと変わらないよこの凡クラ日本。 -- 三陸のうみねこ 2013-08-12 (月) 11:36:56
  • tom pettyがアメリカでどうして人気があるのかわからなかった。こんなにいい詩を書くんだね。実にエキセントリックで人間のエモーショナルな部分がよくあらわれている!

    安部は静かに改憲の体制を推し進めている。町かどにはってあるこの男のポスター”日本を取り戻そう”ってやつモロ、ナチスじゃねえか。 -- ソドム 2013-08-12 (月) 13:54:19
  • 確かに、今でもお茶の間TV属にこのへんの話をしても誰も信じないよな。
    妄想でもなんでもない真実を。 -- よたろう 2013-08-12 (月) 15:40:24
  • ”裏社会の事は我々庶民にはそれが真実だとしてもどうしようも無いこと。”というのが今までの我々のほとんどの人の意識の中にあった。

    これを変えなければ何も変わらないということ。そのことをこのblog主も伝えようとしている。こういう人が数多く出ている。
    裏社会に従事している側からもスノーデン、フロッピー前田、東電元社員など真実を提示してきている。不正選挙の犬丸さんや原発の福島県双葉町の元町長の訴えも衝撃的だった。この日本、変えるなら今しかない。

    選挙にしても大本営の発表する世論調査、出口調査、自民党の支持率、選挙の得票数だって全てでっち上げ。無論、公明や自民と裏で手を握っている維新、みんなも同じ穴の狢。
    主張が変わらないと自民と対当視された共産党だって実は政権獲得が目的としてないガス抜き政党に過ぎない。
    大本営、マスコミの言う事を信じ騙される日本人も悪いのだけど。 -- チャイナシンドローム 2013-08-12 (月) 23:27:29
  • オリバーストーン氏の言う最近オバマ大統領の沖縄政策に反対してオバマにやめさせられたアメリカに反抗したただのひとりの首相とは鳩山さんだ。
    ”トラストミー”と言って何やらマスコミが作り出すイメージは情けなく、頼りない、ちょっと変わった人なのだが、思想、言ってる事はけして間違ってない。尖閣等の発言にしても中国と日本を争わせないように考えて発言している。それを都合の悪い政府、民主の犯罪者たち(松下政経塾出身者=自民党)は吠えまくった。マスコミも大本営の指示でがなりたてた。馬鹿な国民は”鳩山なんかひっこんでろ!、この人はちょっとね~。等と思う。すべて計算ずくなのだ。

"トラストミー”にしてもアメリカを欺く為の発言だったと理解している日本人がどれだけいるか??まこの日本のマスコミじゃ無理なんだろうけどな。鳩山~小沢の政権なら民主で行けたのだが、アメリカから大きな力が働き切られた。民主党の存続さえ危うくなる状況だったので小沢氏もここは潔く道ずれでないとと考え身を引いた。しかし後にアメリカが据えた玉が悪すぎ!!菅に野田だ!これで民主党万事休す!


日本人、しっかりしろ。よく考えれば全ての事象が結びつく。悪いのはどっちかわかるはずだ。 -- スターマン 2013-08-12 (月) 23:47:44

  • アルカイダとは元々アメリカ軍の司令部隊の名前で9.11のアルカイダの組織もアメリカ軍部が中心に作った組織。事象はすべて結びつく。9.11=自作・自演テロ。3.11=人工地震、12.21衆議院=不正選挙、7.21参議院=不正選挙、小沢事件=冤罪、誹謗中傷、政治生命を断つのが目的であらゆる手段を行う。その他、中東の紛争全てアメリカが仕込んだもの。中国、韓国の領土問題全てアメリカがけし掛けて仕組んだもの。
    全ては自国の崩壊を防ぐ為に。悪事とは微塵も思っていないのがユダヤ系アングロサクソン。



検察~最高裁とは犯罪者を裁く組織ではない。国にとって邪魔な人間を最優先で有無を言わせず裁く組織なのだと。これは昔から検察学校でそのような教えをされる。
国民の為など露も考えていない。普通の社会では犯罪になるが国家に関わることはそうじゃないのだそうな。いいかげんにしろ! ここまで書くとこのblogも狙われるかもねサイバーテロ。

  • マグナかるた 2013-08-13 (火) 01:18:26
  • 内閣府が10日に公表した国民生活に関する世論調査で、生活に満足している人が17年ぶりに7割台(70%)に乗った。

    内閣府は「経済改善の表れ」としており、アベノミクス効果もありそうだ。朝日

    この人たちはこれ(誇張・捏造・洗脳・拡散)これが仕事です。決して詐欺罪などにはなりません。言い訳は”サンプルにしたデーター量が膨大な為に偏りもあろうかと思います。”位のことだろう。

    いいかげんにしてほしい!!
    ジャパンタイムズによると、米国の世論調査機関であるピュー・ リサーチ・センターが7月に発表した調査結果で、71%の日本人が現在の経済状況に満足しておらず、2014年の経済状況がある程度改善すると考えている日本人は40%
    これが妥当だろう。
    ロイター通信がこういうデーターは一番信頼があるが馬鹿臭くて出してもおらんわ。

    -- マフィン 2013-08-13 (火) 01:55:47
  • 復興予算はチャッカリと流用し、昨年12月の補正予算も含めると100兆円予算を組んでGDP2.6%成長だと,まるで詐欺ではないか! サギノミクス!! -- じゅげむ 2013-08-13 (火) 09:39:31
  • 少し前まではこんなこと言ったら共産主義、右翼、反社会的と非難されたけど、今はいたって普通ですよねこういうの。そろそろ隠し事なしの日本の社会にしていかなきゃね。

    yasushiさんの以前たぶん今年の3月3日のblogの訳詩じゃないけど。
    ”この世が公正な世の中になること
    なればいいなと ただひたすら祈りながら
    その日が来ることを願う事しか出来ない自分を愚かに思いながら”
    って訳された詩が大好きですごく共感できました。ホントにその通り。何かしたいと思ってもそう思うだけで何も出来ない私がいます。
    でもほんとに小さなことでも何かしていかなきゃと思ってます。未来の為に。 -- れいん 2013-08-13 (火) 15:59:58
  • すばらしい。これは反政府の意見なんかじゃなく今の日本国を本当に理解している人の意見。今日のゴールデンタイムのNHKニュースではさりげなくアメリカが武器見本市を開催している様子を伝えていた。

    アメリカの危機迫った状況は紛れもない事実なのだからもはやお家芸の殺人兵器を世界中に売りまくりそれでも間に合わないので争いの火種を起こしている。

    そのとおり鳩山さんの行動はアメリカ、この国の従属政府から見たら”けしからん”ものである。国民にとっては”素晴らしい行為”である。中国と争うことなく輝くアジアの統一を目指しているのだから。
    何年か前小沢さんが民主党若手を大勢つれて中国に行った事はまだ記憶に新しいと思う。この行為も中国、アジア重視の表れだった。この事もアメリカにとってはものすごく気に入らない行為だった。以下の小沢さんの潰されようを見れば一目瞭然だろう。
    -- ソドム 2013-08-15 (木) 01:25:45

認証コード(1306)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional