Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

My Blog/2012-03-03

Top / My Blog / 2012-03-03

Tag: ・冬の色

冬の色

My blogのページが首位独走中!もはや隠れ家ではなくなったようです。”お伝えしたいこと”や”住宅塗装お勧めパッケージ”等のページが人気今一ということは少し寂しいですが、観て頂いてありがとうなのでそれはそれで良しとしましょう。

目を閉じれば幾らでも想像できる気がしてくる。瞼を閉じて幕が開く黒いスクリーンに今まで体感してストックされた景色、情景がベースとなり浮かんでくる。春の長閑でどこか牧歌的な耳元にそよぐ香りと音とロマンのある風、夏の制圧的で解放的な青空、入道雲にひまわりの原色の世界、風に舞うコスモスに紅に染まるひつじ雲やダークオレンジの夕陽が侘びしさや人恋しさを演出する秋の空、うすいべーるのよな雲間からすポットライトの様に切り裂き地表を照らす冷たい冬の光。

一年ってあっという間に過ぎてしまうのをこの時期になるとひしひしと感じてしまう。この国は四季というものがあるから季節ごとに人それぞれ少なからずイメージする色や音を感じて過ごしているはずだ。四季の中で一番色付けしにくい季節はやはり冬でしょうね。冷たい感じ、雪などから連想するイメージ色は、冬=白か無色なのでしょう。日本人の大部分がそうだと思う。

移り変わる季節によって繊細な色彩感覚が宿っている。色彩的にくすみ、翳りを持ち、色コントラストがはっきりしないぼやけた世界。でも感覚的には広がりのある飽きのこない優しさを持つ冷たさなのだろう。これは人の心や人生そのものにも当てはめなぞる事が出来ると思う。春・夏・秋に対し、枯れ色の時期の冬も心の中に或いは人生の中に存在しているのだから。

ダークで冬のようなはっきりしないぼやけた寒い事件がやたらと多い。
いじめ、殺人、通り魔、対米問題。イカサマ師養成所としか言いようがない検察・司法、風見鶏な政治家、官僚は自分達の都合のよい筋書き、決め事ばかりつくり中身のないシナリオライター以下、大手マスコミは拾い集めただけで鼓動の聞こえないスクープ(でっちあげ)ばかりフロントに掲げ煽動する、誰かに対する、何かに対するエゴにより導火した事件ばかりが目につく。これらのコントラストがはっきりしないぼやけた世界も今ではネットという近未来兵器で色々な人達が声を上げ真実が照らしだされ鮮明に写しだされることを忘れてはならないと思う。それにしてもいろんな意味で春が待ち遠しい。

yasushi


コメント

  • 目を閉じれば幾らでも・・・このような感覚の持ち主はやはり五感が発達しとんでしょうね~。湯水のよにイメージや言葉が沸くなんて羨ましい!! -- れい 2012-03-04 (日) 00:49:01
  • 僕の中ではグレーだな冬の色って。ほんと桜の花以降の温かな春が早く来て欲しいです。このページがトップになるのは、blogというページが他より頻繁に更新されるのと、このblog目当ての定着した閲覧者(自分も含め)が存在してるからで、決して本編の他のページの質が落ちてるのではないですよ。本編の他のページもしっかりした視点で捉えられていると思いますよ。これからも頑張ってください。 -- kouji 2012-03-04 (日) 13:13:26
  • 不思議なんですよねこの人、私はふつうこういう文脈や趣味の話しをエゴスティックに書かれると嫌なんですけどこの人のは不思議と入り込めたり引き付けられるんです。
    自分の世界ってのを持っておられるような気がします。Greate! -- yu 2012-03-04 (日) 17:46:44

認証コード(1882)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional